平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:他球団情報 > DeNA 横浜ベイスターズ


    神里(かみさと・かみざと)は、日本の地名。 神里 (真狩村) - 北海道虻田郡真狩村の地名。 神里 (名古屋市) - 愛知県名古屋市名東区の地名。 神里 (南風原町) - 沖縄県島尻郡南風原町の地名。
    399バイト (49 語) - 2014年12月31日 (水) 13:50



    (出典 prtimes.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/07/02(Thu) 17:21:02 ID:JMLNeaOma.net

    Instagramでもご報告しましたが、
    横浜DeNAベイスターズの神里和毅選手がパムズマネジメント選手になりました!!!
    #神里和毅
    #横浜DeNAベイスターズ
    #PAMS
    #パムズ
    https://twitter.com/pamscorp89/status/1278533210368962563
    https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
    (deleted an unsolicited ad)


    【【速報】DeNA神里、ロッテへ】の続きを読む


    横浜、橫濱(よこはま、よこばま) 横浜市 – 神奈川県の市(政令指定都市)で県庁所在地 横浜駅 – 横浜市の鉄道駅 新横浜駅 – 横浜市の鉄道駅 北新横浜駅 – 横浜市の鉄道駅 西横浜駅 – 横浜市の鉄道駅 羽沢横浜国大駅 - 横浜市の鉄道駅 横浜羽沢駅 - 横浜市の鉄道貨物駅 横浜港 – 横浜市の港湾
    4キロバイト (514 語) - 2020年5月11日 (月) 20:12



    (出典 img.travel.rakuten.co.jp)


    何でこんなピンポイントに、クラスターになるん?(笑)

    1 ばーど ★ :2020/06/30(火) 19:00:08.27

    神奈川県 横浜市で28人など新たに31人感染確認 新型コロナ

    横浜市は30日、男女28人が新たに新型コロナウイルスに感染したと発表しました。このうち26人は市内のホストクラブの従業員が占めていて、市は繁華街で夜間に営業する接待を伴う飲食店などで、感染が広がっている恐れもあるとして注意を呼びかけています。

    横浜市によりますと、新たに感染が確認されたのは20代から40代までの男女28人です。

    このうち男性26人は市内にあるホストクラブの従業員だということです。

    今月下旬に感染がわかった6人が、この店の従業員で、ほかの従業員を調べたところ、感染が確認されたということです。

    市は繁華街で夜間に営業する接待を伴う飲食店などで、感染が広がっている恐れもあるとして注意を呼びかけています。

    横浜市で20人以上の感染者が発表されるのは、緊急事態宣言が出されていた4月23日以来で、いわゆる夜の街での感染に注意を呼びかけています。

    一方、横浜市以外でも神奈川県で合わせて男性3人が新型コロナウイルスに新たに感染したと発表されました。

    神奈川県によりますと、平塚市に住む40代の会社員の男性が感染したということです。

    男性は県外で感染が確認された人の濃厚接触者だということです。

    また、川崎市によりますと市内の医療機関を受診した、都内に住む60代の会社員の男性が感染していることが確認されたということです。

    男性は軽症で感染経路は分かっていないということです。

    このほか相模原市も市内に住む20代の男子大学生が、新たに感染したと発表しました。

    軽症だということです。

    この学生は、県内の大学に通っていて、大学の友人の感染がすでに確認されているということです。

    相模原市によりますと、男子大学生が通う大学は、今も授業は行われていますが、濃厚接触者がいる学年は大学に来ないよう呼びかけているということです。

    2020年6月30日 17時44分
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200630/k10012489461000.html

    ★1が立った時間 2020/06/30(火) 17:44:02.37
    前スレ
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1593508822/


    【【クソ速報】横浜市で28人感染 うち26人が同じホストクラブの男性】の続きを読む



    1 ぶーちゃんφ ★ :2020/05/15(金) 13:57:29.61

     ディー・エヌ・エー(DeNA)が5月14日に発表した2020年3月期通期(19年4月~20年3月)の連結決算は、売上高が前年同期比2.2%減の1214億円、営業損益が457億円の赤字(前年同期は135億円の黒字)、最終損益が492億円の赤字(同127億円の黒字)に転落した。
     ゲーム事業で想定していた収益が見込めなくなったとして、ゲーム事業に関するのれんの減損として402億円、ソフトウェアの減損として81億円など、計493億円の減損損失を第3四半期に計上したことが響いた。

     セグメント別の業績は、ゲーム事業の売上高は838億円(前年同期比0.3%増)、営業利益は142億円(同22.2%減)。スポーツ事業の売上高は202億円(同11.5%増)、営業利益は12億円(同17.2%減)。
     スポーツ事業は年度途中まで好調に推移していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響でプロ野球の開幕が延期になり、3月に「横浜DeNAベイスターズ」の公式戦が行えなかった影響などで減益となった。
     オートモーティブ事業の売上高は15億円(前年同期比約7.7倍)、営業損益は79億円の赤字(36億円の赤字)。*ケア事業の売上高は18億円(同20.0%減)、営業損益は16億円の赤字(12億円の赤字)だった。

     今後はゲーム事業の収益基盤の再強化や、新規事業への投資額の最適化を図る方針だが、「実際の業績などは、さまざまな要因により大きく異なる可能性がある」として21年3月期の連結業績予想は開示しなかった。


    ITMEDIA:
    https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2005/14/news146.html


    【【悲報】DeNA、20年3月期は492億円の最終赤字に転落 ゲーム事業関連の減損響く ステイホームなのに】の続きを読む


    古木 克明(ふるき かつあき、1980年11月10日 - )は、三重県松阪市出身の元プロ野球選手(外野手・内野手、右投左打)、元総合格闘家、一般社団法人スポーツFプロジェクト代表理事。事業構想大学院大学修了。 豊田大谷高校2年時の第79回全国高等学校野球選手権大会、1回戦の長崎南山高校(長崎)戦で2
    26キロバイト (3,241 語) - 2020年3月4日 (水) 08:41



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/10(日) 19:51:47 ID:nimSm1Mq9.net

    《連載》キャリアコラム ライバー、古木克明さん

    「松坂大輔世代」のプロ野球界を代表する強打者として活躍した元横浜ベイスターズの古木克明さん。甲子園からプロ野球、そして総合格闘家、米プロ野球の独立リーグを経て、大学院大学でビジネスをゼロから学び起業した。「型破り」のホームランバッターと呼ばれた古木さんは今、インターネットを通じてライブ配信する「ライバー」としての活動も開始した。栄光と挫折を経験した後、なぜ起業家の道を選んだのか、古木さんに聞いた。

    ■「野球が大嫌いになった」元ドラフト1位の思い
    「野球が大嫌いになった」。1998年にドラフト1位で横浜に指名されるなど野球エリートだった古木さんだが、横浜、オリックス・バファローズと10年あまりの現役生活を終えるころにはこんな心境に陥っていた。

    愛知県の豊田大谷高校2年生のときに、夏の甲子園大会に出場して1試合2本塁打を放つなど注目を集め、高校日本代表にも選ばれた。3年生の夏の甲子園では、入場行進時に学年が同じ松坂大輔選手(当時は横浜高校、現埼玉西武ライオンズ)と「よろしくね」とあいさつを交わし、活躍を誓い合った。大会ではチームをベスト4に導き、プロに進んだ。

    派手なホームランを放ち、明朗快活な人柄だが、実は常に不安だった。「いつまでやれるのか」。中学生のときには腰を痛め苦しんだ時期もあった。プロはケガとの戦いだ。2002年には巨人の桑田真澄投手(当時)など大投手から次々本塁打を放ちブレーク。03年には22本の本塁打を記録するなど活躍した。

    だが、その後は伸び悩んだ。故障などの問題もあり、打率は振るわなかった。しかも守備で失策が多く、やじられた。「打てない」。何度もコーチとぶつかった。09年には戦力外通告を受け、現役を引退した。

    型破りのバッターは、突然、総合格闘家になると表明、周囲を驚かせた。実は以前から格闘技に興味を持っていたのだという。プロ野球選手から転身を果たした先輩としてはプロレスにはジャイアント馬場氏、K―1には立川隆史氏の例があった。「じゃあ僕は総合格闘技で名をなしたい」と飛び込んだ。

    ■大学院で経営を学ぶ
    試合で相手と向き合っているときに、ふと気づいた。「打撃不振に陥った際に自分は相手を知ろうとしなかった」。格闘技は当然相手の研究から始まる、本来、打者も相手投手の研究・分析をすべきだった。しかし、自身のフォームばかりが気になり、独りよがりになっていた。格闘技にのめり込む一方で、野球のことが頭から離れなかった。1年半で格闘技に見切りをつけ、プロ野球のトライアウト(入団テスト)に参加するなど再挑戦した。

    しかし、壁は厚かった。渡米してハワイの独立チームにも挑戦したが、最終的な引退を決めた。引退後のプロ野球選手は野球スクールや球団職員など野球関係の職に就くケースが少なくない。しかし「もう嫌だった。野球界に戻りたくない。しかし、野球しか知らない」と悩んだ。

    5/10(日) 6:10 Yahoo!ニュース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200510-00010000-nikkeisty-bus_all


    (出典 i.imgur.com)


    【【松坂世代】プロ野球→格闘家→大学院→起業 元ベイスターズ強打者が見た栄光と挫折 !!】の続きを読む

    このページのトップヘ