平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:他球団情報 > 中日ドラゴンズ


    中日ドラゴンズ(ちゅうにちドラゴンズ、英語: Chunichi Dragons)は、日本のプロ野球球団。セントラル・リーグ(セ・リーグ)に所属する。 愛知県を保護地域とし、同県名古屋市東区にあるナゴヤドームを専用球場(本拠地)としている。また、二軍(ウエスタン・リーグ所属)の本拠地は同市中川区にあるナゴヤ球場である。
    228キロバイト (34,198 語) - 2020年6月13日 (土) 01:40



    (出典 d1uzk9o9cg136f.cloudfront.net)



    1 名無しさん@おーぷん :20/06/13(土)18:11:45 ID:8nI

    これはあかん


    【【急募】中日ドラゴンズの抑え】の続きを読む


    13小野和幸(西武・中日・千葉ロッテ) 18鹿島忠(中日) 19星野秀孝(中日) 20小松辰雄(中日) 21小島弘務(中日・千葉ロッテ) 24ギャオス内藤(ヤクルト・千葉ロッテ中日 U40) 26西本聖(巨人・中日・オリックス) 29鈴木孝政(中日) 38野中徹博(阪急(オリックス)・中日・ヤクルト) 捕手 22杉山直樹(巨人
    26キロバイト (3,264 語) - 2020年4月17日 (金) 01:06


    ロッテ 岡田はランニングホームランもなかったんだな。

    1 ニーニーφ ★ :2020/06/09(火) 17:28:48.84 ID:8/dh+iuJ9.net

     中日の高松渡内野手(20)が9日、ロッテとの練習試合(ZOZOマリン)でランニング本塁打を放ち、開幕1軍へアピールした。

     8回から代走で出場し、9回2死二塁で迎えた第1打席でロッテ・東妻の低め変化球を拾うと、打球は浅く守っていた中堅手の右へ。
    フェンスに達する間に50メートル5秒8の快足を飛ばし、最後は捕手のタッチをかいくぐって生還した。

     5月末に1軍に合流し、6月4日のヤクルト戦(神宮)では高校3年春の練習試合以来となる本塁打で味方ベンチをも驚かせた20歳。
    高校通算11本塁打のうち9本がランニング本塁打という快足男が開幕1軍に滑り込む。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/3bf9a95f14c05e84eb580909c7cb52bb2bf40179
    引用元:中日スポーツ


    【【韋駄天】「50m5秒8」 中日・高松(20)、ロッテとの練習試合で衝撃のランニングホームラン 高校通算11本のうち、9本がランニングHR】の続きを読む


    石川 翔(いしかわ しょう、1999年12月14日 - )は、東京都板橋区出身のプロ野球選手(投手)。右投左打。中日ドラゴンズ所属。 小学2年生の時に東板橋リトルで外野手として野球を始め、中学生時代は板橋シニアで投手兼外野手としてプレーした。当時、投手としてはチームでも2、3番手と言うレベルだった。
    13キロバイト (1,766 語) - 2020年2月1日 (土) 05:30



    (出典 hochi.news)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/08(金) 21:37:21 ID:GpX5Yh+R9.net

    中日・石川翔投手(20)は、けがをしないことを最優先に自主練習に取り組んでいる。

    入団後も右肘のけがなどに泣かされてきただけに、投球練習も少しセーブして投げている。

    昨年まで在籍した松坂(西武)から「いかにサボるか」と助言されたこともあり、
    8日の代表取材では「小笠原さんとかそういうのがうまいと思うので、観察するようにしている」と先輩左腕をお手本にしていることを明かした。

    入団3年目。同じ高卒の同期、清水と山本は昨年プロ初勝利を挙げている。

    「あの2人よりは自分が1軍に上がったときは、大きなインパクトを与えられると思う」と言葉に力を込めた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/afca5d9abd79d4ab595d85460033c8e513b13f2e
    5/8(金) 21:21配信


    (出典 kyun2-girls.com)



    (出典 kyun2-girls.com)


    【【野球】松坂大輔から「いかにサボるか」だと助言…けがに泣かされてきた中日・石川翔の胸に響く言葉 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む


    いみんなが求めていた日本一を1イニングで変えてしまいかねない状況で悩んでいた。8回表終了後に山井に「どうする」と聞き、山井が「岩瀬さんにお願いします」と降板を申し出たので岩瀬に継投したと述べている。なお、森は現役時代に駒澤大学在籍時の投手として1976年の全日本大学野球選手権大会で完全試合を達成している。
    26キロバイト (4,208 語) - 2020年4月11日 (土) 07:44



    (出典 www.tokairadio.co.jp)


    タフすぎる!中継ぎからだもんな。

    1 ちょこ ★ :2020/05/09(土) 16:36:40 ID:CrDVyyBf9.net

    両腕に“後遺症”今も…15年連続50試合以上登板の岩瀬さん「一瞬一瞬にかけていた」毎試合備える者の宿命


    (出典 www.chunichi.co.jp)

    鳥取での自主トレを開始、器具を使って調整する岩瀬=2015年1月

    [野球ファンに届ける 本紙評論家リレーコラム]岩瀬仁紀
     僕の右腕と左腕には現役時代の後遺症が出ている。右手にはしびれが残っていて、動きが今ひとつ悪い。左肘は、ちょっとしたことで動*際にもカチッとはめてからでないと気持ちが悪い。

     右手のしびれは2009年に症状が出た。原因が分からず、利き腕とは反対だったこともあって誤魔化しながら投げていた。左肘痛は15年。痛みが何度も再発し、この年は1軍登板のない唯一のシーズンになった。

     どちらも今なお原因不明のままだ。精密検査を受けても、しびれや痛みの原因となる異変が見つからなかった。

     いったい何だったのか。簡単に言えば「勤続疲労」だろう。酷使して、限界を超えたときに動かなくなった、ということ。当時30代後半から40代に差しかかる年齢だったけど、僕の体には「四十肩、五十肩」と言われるのと同じような現象が出ていたのだと思う。

     原因を突き止めようとすること自体に無理があったのかもしれない。13年までの15年間、シーズン50試合以上の登板を続けた。プロ野球で前例のないことだったから、そもそも比較、検討する対象が過去にない。

     後遺症のある自分の体から思いを巡らすと、それだけ過酷なことをやってきた、という結論にたどり着く。一緒に戦った浅尾も、痛めた右肩が治ることはなかった。代償は大きかったと思う。でも、僕らは一瞬一瞬にかけて投げていた。戦っているとき、将来のことまでは見ていなかった。

     体のケアやトレーニングはもちろんしていた。助けてくれたトレーナーや周りの人たちには今も感謝している。そのときそのときで、できる限りのことはしていたと思う。それでも追いつかないところ、足りない部分というのはどうしても出てくるものだ。

     単純に、投げればそれだけ毛細血管が切れる。身を削るのはある意味、毎試合登板に備えるリリーフの宿命なのだと思う。体を傷つけるのが避けられない商売なのだが、負担の軽減につながること、逆により大きくなることを来週は書きたいと思う。

    https://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/dragons/news/202005/CK2020050902100051.html


    【【レジェンド岩瀬】両腕に“後遺症”今も…15年連続50試合以上登板の岩瀬さん「一瞬一瞬にかけていた」毎試合備える者の宿命】の続きを読む

    このページのトップヘ