平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:他球団情報 > 日本ハムファイターズ



    (出典 news.nifty.com)



    1 幻の右 ★ :2020/08/28(金) 11:20:54 ID:CAP_USER9.net

     節目の年を迎えた男の胸中は――。今年でプロ10年目を迎えた日本ハムの斎藤佑樹投手(32)。今季はここまで一軍昇格はなく、二軍戦でも中継ぎとして11試合に登板して1勝3敗の防御率6・57ともがき苦しむ日々が続いている。27日発行の「週刊文春」では「ハンカチ王子引退へ」との記事が掲載されるなど、その動向に大きな注目が集まっているが…。当の本人は引退を「完全否定」していることが分かった。

     過去2年、一軍での勝ち星から遠ざかっており、近年は主に中継ぎとして生き残りへの道を模索している斎藤。オフから新たに習得した変化球「名護カーブ」を武器に投球の幅を広げたが、課題とする制球にばらつきを見せ、今季は二軍戦で11試合、12回1/3を投げて15四死球と昨年を上回るペースで四球を与えてしまっている。一軍の中継ぎ陣も比較的安定した結果を残していることに加え、ファームでも若手投手が台頭し、一軍昇格への道のりは現状厳しいと言わざるを得ない。

     世間の注目度が高い斎藤の10年目シーズンということもあり、27日発行の「週刊文春」では「ハンカチ王子引退へ」との見出しで、引退の可能性について触れた記事が掲載された。引退後の選択肢の一つとして「キャスター転向か」とのくだりもあり、早くも、引退後の進路に焦点が当てられた。

     では、実際に本人はどう考えているのか。今回の文春報道を受け、斎藤は親しい関係者に「自分から引退するようなことは絶対にない」と引退を完全否定したことが分かった。

     この関係者によると「ここまで見捨てずにチームに残してくれたファイターズへは相当な感謝をしています。何とかして恩返しをしたい、というのが本人が今抱いている一番の思いのようです」とのことで、日本ハムに「いらない」と言われるまで、あがき続けるつもりでいるという。

     実際、斎藤は以前、本紙の取材に対して「野球人としての生き方」を明かしたことがあった。その中で野球選手として常に隣り合わせにある「戦力外」の存在についても言及。「(戦力外の可能性は)もちろんあると思います。もしそうなった場合でも、一人の野球人としてボロボロになるまで野球を続けたいです」と、現役へのこだわりを明かしていた。

     ということは、たとえ日本ハムから「いらない」と言われたとしても、国内他球団や独立リーグ、韓国や台湾などの海外球団でも野球を続けるのか。斎藤は「(海外球団でも)もちろん、どこでもオファーがある限り続けていきたいです。野球選手として限界まで投げ続けたいです」と、力強くその意思を語っていた。現役続行へのこだわりが強いことは確かだ。

     日本ハムに恩返しをし、プロ野球人生を最後までまっとうするためには、何が何でも結果を残す必要がある。今季は早くも折り返しの時期。一軍の戦力として招集がかかるよう、斎藤は二軍でがむしゃらに奮闘を続けていくしかない。

    【二軍でまずまずの結果】斎藤は前回登板となった22日のイースタン・ヤクルト戦で1回無失点と好投。12日のロッテ戦では1回2/3を投げて1失点、12日の巨人戦では2/3回を無失点と、直近3試合の登板ではまずまずの結果を残している。8月の成績で限定すると中継ぎとして5試合に登板し、5回1/3を投げて防御率3・38。課題としている四球は2つに抑えているが、本塁打は2本許しており、収穫と課題を残した状態となっている。

    東京スポーツ
    8/28(金) 5:15
    https://news.yahoo.co.jp/articles/0f484d91019d089bdeb4ae007bfa2ac6da39fed8
    ※前スレ
    【野球】日本ハム・斎藤佑樹は引退報道を完全否定「ボロボロになるまで野球を続けたい」 [幻の右★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598561251/


    【【栗山のご寵愛】日本ハム・斎藤佑樹は引退報道を完全否定「ボロボロになるまで野球を続けたい」】の続きを読む



    1 Time Traveler ★ :2020/08/27(木) 17:29:06.38 ID:CAP_USER9.net

    日本ハム斎藤佑樹が今季限りで引退すると、週刊文春が報じた。昨季まで2年連続未勝利の上、今季も一軍登板なし。入団時に交わした「10年契約」が満了する。

    斎藤は11年にドラフト1位で入団。キャリアハイの6勝を挙げたが、故障もあり低迷。通算88試合で15勝26敗、防御率4.34。記事によると、これまでに解雇されなかったのは、「10年は契約を続ける」という約束があったからだ。

    今季は二軍で1勝3敗、防御率6.57だ。12回1/3を投げて15四死球。

    同誌はまた、日本ハムがBクラスに終われば栗山監督が今季限りで辞任すると見られることも理由に挙げた。

    引退後はスポーツキャスターに関心があるとか。昨オフには元モデルと結婚。世田谷区に住み、黒のレクサスを乗り回しているそうだ。専門誌を発行する会社の幹部からポルシェ・マカンを提供されていたのを報じられたことがあり、かつてはテレビカメラの前で「カイエン乗りたい」と語っていたが、叶わないかもしれない。

    早実で田中将大に投げ勝ち、夏の甲子園に優勝した「ハンカチ王子」が第二の人生を迎える。

    2020年8月27日
    https://bb-news.jp/news/__trashed-8.html

    (出典 bb-news.jp)



    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598510332/


    【【悲報か?】日本ハム 新婚ハンカチ王子・斎藤佑樹が引退へ 入団時の「10年契約」が満了】の続きを読む


    清宮 幸太郎(きよみや こうたろう、1999年5月25日 - )は、東京都新宿区出身のプロ野球選手(内野手)。北海道日本ハムファイターズ所属。実父は日本ラグビーフットボール協会副会長の清宮克幸。 第88回全国高等学校野球選手権大会決勝戦を見たことをきっかけに、早稲田実業初等部1年生で軟式チームの「オ
    21キロバイト (2,526 語) - 2020年8月19日 (水) 08:03



    (出典 static.chunichi.co.jp)


    愛の鞭

    1 Egg ★ :2020/08/25(火) 05:59:11 ID:CAP_USER9.net

    写真
    (出典 npn.co.jp)


    23日に行われた日本ハム対楽天の一戦。試合は「11-0」で日本ハムが大勝したが、試合結果以上に話題となったのが日本ハム・清宮幸太郎の活躍だった。

     同戦に「6番・一塁」で先発した清宮は2回裏2*第1打席は中飛に倒れるも、5回裏無*第2打席ではフォークを捉えヒットを記録。続く6回裏に2死一、三塁で迎えた第3打席ではツーシームを打ち右前へタイムリーを放った。

     さらに、7回裏2死一、三塁とまたしてもチャンスで迎えた第4打席では、インハイのストレートを振り抜き4号3ラン。8回裏2死一、二塁の第5打席は二飛に終わったが、「5打数3安打・1本塁打・4打点」の活躍でチームの勝利に大きく貢献した。

     >>日本ハム・栗山監督、清宮に「ワクワクしなくなっちゃった」? 辛らつに突き放すも、他球団が警戒する“予兆”に密かに期待か<<

     清宮の活躍を受け、元DeNA監督・中畑清氏、元広島監督・達川光男氏ら球界OBがテレビ番組上でコメントしている。同日放送の『SPORTSウォッチャー』(テレビ東京系)に生出演した中畑氏は、「(本塁打には)インハイのボールを腕を畳んでコンパクトに振り抜くうまさ(が見られた)」、「(これが)逆方向にも打てるようになれば最高」とコメント。インコースの球を打つ際の腕の使い方が良かったと称賛するとともに、アウトコースも同じように腕をうまく使い逆方向に運べるようになればもっと成績は良くなると期待した。

     こちらも同日放送の『プロ野球ニュース 2020』(フジテレビONE)に電話で生出演した達川氏は、「(2本のヒットはいずれも)落ちるボールを打っていた」、「そういうボールが打てるようになってきた。栗山(英樹)監督は辛抱したかいがあったと思う」とコメント。自身がソフトバンクでコーチを務めていた時代(2017-2018)の清宮は落ちる変化球を投げれば簡単に抑えられる選手だったというが、その後約2年を経て着実に成長を見せていると評価した。

     同戦の清宮については、ネット上にも「長らく本塁打が出てなかったけどやっと目覚めてくれたかな」、「近藤(健介)や大田(泰示)がいない中で4打点はいい働き」、「甘い球を打った本塁打よりも、沈む球に合わせたヒットの方が手応え良かったんじゃないかな」、「この調子で6、7番辺りに定着してくれれば、相手投手に重圧与えられるから頑張ってほしい」といった反応が多数寄せられている。

     一方、「褒めてる人結構多いけど、自分はたまたま打っただけとしか思えない」、「ただのまぐれだろ、どうせ次戦以降からまた打たなくなるよ」といった反発の声も複数見受けられた。

     「今回4号を放った清宮ですが本塁打は7月16日の対ロッテ戦以来38日ぶりとかなり間隔が空いた上、本塁打翌日に安打を放ったのも一度だけと活躍が続かない傾向があります。この影響もあったか、今シーズンの成績は同戦を含めても『.188・4本・12打点・19安打』と打率2割にも届いていません。また、ここまでの4本塁打は全て右投手から放ったもので、左投手からは本塁打はおろかヒットも1本しか打てていない点も気がかりです。『たまたま』、『まぐれ』といった手厳しいファンを納得させるには、このあたりの課題をどう克服していくかが重要だといえるでしょう」(野球ライター)

     2017年ドラフト1位で日本ハムに入団するも、2018年は「.200・7本・18打点・32安打」、2019年は「.204・7本・33打点・51安打」と打率、本塁打は思うように増やせていない21歳の清宮。試合後の報道では栗山監督から「今日はよかったかもしれないが、これが普通」と檄を飛ばされたことが伝えられているが、同戦で得た手ごたえを忘れることなく、次戦となる25日・対西武戦以降も快音を響かせていきたいところだ。

    リアルライブ 2020年08月24日 19時30分
    https://npn.co.jp/article/detail/200007023


    【【日原】<日本ハム・清宮に>「ただのまぐれ」厳しい声? 勝利を呼んだ大活躍に賛否!栗山監督は「これが普通」と檄】の続きを読む


    日本ハム株式会社(ニッポンハム、NIPPON HAM)は、大阪府大阪市北区に本社を置く大手食品加工メーカー。ハム・ソーセージ大手(伊藤ハム・プリマハム・丸大食品)の一角で、業界首位。1942年に創業、プロ野球チーム北海道日本ハムファイターズの親会社でもある。 長らくカタカナ表記のニッポンハム
    29キロバイト (3,439 語) - 2020年6月11日 (木) 06:31



    (出典 gs-files.spaia.jp)


    大丈夫か?

    1 風吹けば名無し :2020/07/07(火) 19:22:55 ID:PnsQauuH00707.net

    打てるわけないだろこんなの


    【【悲報】日本ハムファイターズ、プロ野球のレベルが高すぎてついて行けない】の続きを読む


    清宮 幸太郎(きよみや こうたろう、1999年5月25日 - )は、東京都新宿区出身のプロ野球選手(内野手)。北海道日本ハムファイターズ所属。実父は清宮克幸。 第88回全国高等学校野球選手権大会決勝戦を見たことをきっかけに、早稲田実業初等部1年生で軟式チームの「オール麻布」に入団して野球を始める。4
    20キロバイト (2,281 語) - 2020年5月16日 (土) 11:11



    (出典 www.sanspo.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/06/09(火) 18:57:59.77 ID:miLUvIKW9.net

     プロ野球は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて開幕延期が続いたが、3カ月遅れでようやく始まる。当面は無観客。野球ファンはテレビ観戦するしかないが、真剣勝負ならではの緊張感がテレビ画面を通しても伝わってくるはずだ。

     19日の開幕に向け、選手は練習試合で実戦勘を取り戻している。若手にとっては最後のアピールの場だ。しかし、3年目で飛躍が期待される日本ハム・清宮幸太郎がふがいない。栗山監督の厳しい口調も目立ってきた。

     4日のロッテ戦。若手主体の打線を組み、清宮は4番で起用されたが4打数無安打に終わった。練習試合3試合で7打数無安打と全く快音が聞かれず、栗山監督は報道陣に向かってこう言った。

     「(新聞に)書いておいてよ。超スットコドッコイ。何なんだよ。怒ってるよ」

     7日のDeNA戦。若手主体の打線を組み、清宮は再び4番で起用されたが、3打数無安打に倒れた。

     「何なんだろうね、幸太郎のワクワクしなくなっちゃった感じは。打球が寂しいのよ」

     「超スットコドッコイ」、さらに「ワクワクしない」――。こう解釈した。たとえ三振しても、力強いスイングなら期待が持てる。しかし、強振できず当てにいく打撃ばかりが目立つ。積極的に打ちにいく姿勢も感じられない。だから、打席で何かやってくれそうな雰囲気もない。実戦勘を取り戻している最中とはいえ、「調整」と言える立場ではない。

     清宮は早実時代、高校歴代最多の通算111本塁打を放ち、鳴り物入りでプロ入りした。天性の柔らかさとパワー。当たれば飛ぶが、プロの投手はスピード、制球力があり、球種も豊富で、そう簡単にフルスイングはさせてくれない。1軍では、当てにいく打撃が目立つ。3年目を迎えても、それは変わっていない。投手にとって最も怖いのは、三振を恐れずに強振してくるバッター。長打力があれば、なおさら怖い。清宮に求められているのも長打力だ。合わせるような打撃でヒットを打つことではない。

     清宮は優しい性格で、天然っぽいところも育ちの良さを感じる。一方で、反骨心があるようには見えない。「超」まで付いた「スットコドッコイ」。栗山監督の辛らつな言葉はもちろん、大きな期待の裏返しだ。清宮自身も分かっているだろうが、甘んじて受け入れるだけでは何も変わらない。悔しい思いがあるなら、栗山監督を見返すくらいの気概を見せてほしい。「スットコドッコイ」には、奮起を促す意味が込められている。(記者コラム・飯塚 荒太)

    2020年06月09日 12:00
    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2020/06/09/kiji/20200609s00001173165000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【日ハム】殻を破れぬ、清宮幸太郎 フルスイングで「スットコドッコイ」から脱却へ】の続きを読む

    このページのトップヘ