平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:アマチュア野球 > 高校野球



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)



    1 本人の申出により訂正 ★ :2020/05/17(日) 01:05:39 ID:/bJBgYPr9.net

    「寝耳に水とはまさにこのことです」

    福島県高野連の小針淳理事長は、こう言って困惑を隠せなかった。

    15日、一部メディアで夏の甲子園が中止の方向で検討されていることが報じられた。甲子園球場がある兵庫県の地元紙・神戸新聞は、「夏の甲子園中止へ」との見出しで号外を出したほどだ。

    コロナ禍により全国の学校が休校、オンライン授業になっており、部活動も休止状態となっているが、14日には39県で緊急事態宣言が解除。甲子園開催に向けて、光が差し込んできたとみる高校野球関係者もいた。

    高野連は今夏の甲子園の開催可否について、20日に行われる運営委員会で方向性を示すことになっていた。

    各都道府県は夏季大会開催に向けて準備を進め、20日の委員会の結論を固唾をのんで待っていた中で、突然の中止報道である。

    前出の小針理事長は日刊ゲンダイの取材に、「高野連から開催に関する話は、これまで一度もありませんでした。今は何ともコメントのしようがない。20日の委員会の結果を受けて、動くしかない」と話せば、
    大阪府高野連の伊原登理事長も「高野連からは中止に関する話は一切、聞いておりません。報道を見て、非常に驚いております。現時点では夏季大会の開催に向け、準備を進める立場に変わりありません」とコメントした。

    関東地方の高野連幹部からは、「高野連からは何の話も聞いていない。一生懸命、開催に向けて準備をしているのに水を差された。中止が決まっているというなら、マスコミに話を漏らした責任は誰が取るのか!」と、怒りの声さえ挙がっている。

    ■高野連は火消しに躍起

    中止報道を受けて高野連は全国の都道府県高野連に対し、「高野連としては一切、開催に関する発表はしておらず、まだ何も決まっていない」「20日の会議で慎重に協議する」との声明を発表するなど、火消しに奔走しているという。

    中止報道に最もショックを受けているのは、夏への希望を胸に自主練習に励んできた高校球児に他ならないが、今回の一件により、高校野球界に新たな波紋を呼びそうだ。

    日刊ゲンダイ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/5c0da90adfd9a724fde4f44401cecb03a3f668e7


    【【怒号!!】「夏の甲子園」突然の中止報道に地方から困惑と怒りの声「寝耳に水だ!」】の続きを読む


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」 「
    100キロバイト (13,610 語) - 2020年5月18日 (月) 23:33



    (出典 rpr.c.yimg.jp)



    1 朝一から閉店までφ ★ :2020/05/19(火) 11:58:33 ID:KtWHFPSb9.net

    2020年5月19日 11時54分 スポーツ報知

     新型コロナウイルスの影響で8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会が中止になった場合、約672億4415万円の経済的損失が生じるとの試算を関大の宮本勝浩名誉教授(75)が19日、発表した。

     宮本名誉教授は「夏の甲子園大会の中止は、すべてのアマチュアスポーツ大会の中で最高額の損失であると推定される。中止が正式に決定すれば、夏の甲子園を目指してきた高校球児にとっては耐え難いものであり、中止による損失額をはるかに上回る生涯の希望の損失となるであろう。また、高校野球関係者やファンにとっても非常に残念なことである」とコメントした。

    https://hochi.news/amp/articles/20200519-OHT1T50048.html


    【【アベノマスクくらいの損失】 夏の甲子園が中止なら約672億4415万円の経済的損失 関大の宮本勝浩名誉教授が試算】の続きを読む


    大阪(おおさか)は、日本の近畿地方(関西地方)の地名である。日本第二の都市・西日本最大の都市である大阪市(狭義の大阪)と、大阪市を府庁所在地とする大阪府を指す地域名称であり、広い意味では大阪市を中心とする京阪神(近畿地方、大阪都市圏、京阪神大都市圏、近畿圏など)を漠然と総称することにも使われる。律
    21キロバイト (3,347 語) - 2020年5月16日 (土) 09:08



    (出典 cdn.jalan.jp)



    1 影のたけし軍団 ★ :2020/05/17(日) 16:58:04.84

    大阪府は17日、新型コロナウイルスの新たな感染者がいなかったと発表した。

    16日午後4時から17日午後4時までの数字。

    亡くなった人もいなかった。

    新たな陽性確認のためのPCR検査実施数は310件だった。
    https://www.daily.co.jp/gossip/2020/05/17/0013349751.shtml

    【速報】東京都で新たに5人のコロナ感染確認 おとといに続き10人下回る
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589701330/


    【【甲子園やれ!!】 大阪府 新たな感染者はゼロ、死亡もゼロ・・・PCR検査実施数310件】の続きを読む



    (出典 prt.iza.ne.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/15(金) 21:18:41.86

    今夏の高校野球地方大会の開催可否について、日本高野連は各都道府県高野連の判断に任す方針であることが14日、分かった。20日の運営委員会で第102回全国選手権大会(夏の甲子園)の開催可否を協議するが、仮に甲子園が中止となっても、地方大会まで一律中止とはしない。この日、39県で緊急事態宣言の解除が決まった。各県高野連に「甲子園中止の場合、県独自の大会を開くか」を取材。過半数の20県から、独自開催の意思ありの回答があった。

    ◇   ◇   ◇

    地方大会の開催可否は、各都道府県高野連の裁量となる。関係者の話を総合すると、仮に甲子園が中止となっても、日本高野連は全国一律中止とはしない方針だ。小倉事務局長は13日付の書面で「(各都道府県高野連に対し、全国一律で無観客開催を要望するという)通達は出していません」と回答。観客を入れるか、日程に変更を加えるかなどの詳細についても、主催者である各高野連と朝日新聞各総局で協議して決めることとなりそうだ。

    新型コロナウイルスの感染状況は都道府県によって大きく異なる。いまだ感染者0人の岩手では、県内限定で練習試合も行われている。全国最多の感染者を出している東京では、多くの高校が休校を続けており、野球部も活動休止がほとんど。この日、緊急事態宣言の解除が決まった県では、近く休校が解かれ部活動も再開するのでは、という期待が出ている。いずれにしても、感染状況は短期間で大きく変化する可能性もあり、各自治体とも連携し、地域の事情に即して判断するしかない。

    日本高野連は、20日の運営委員会で甲子園の開催可否を協議する。各高野連は夏へ向けた準備を進めつつ、20日の結果を注視している。

    <慎重姿勢の県も>

    たとえ甲子園中止の場合でも、県独自の大会を開くか? 緊急事態宣言解除が決まった39県のうち、35県から回答を得た。

    過半数の20県が「意思あり」。いずれの県も検討を重ねている段階だが、積極的な回答は「甲子園が中止になっても、岩手の球児たちに最後の舞台、花道を構築できれば」(岩手)「日本高野連が任せてくれるならやりたい」(茨城)「3年生のためにやりたい」(岐阜)「教育的な意味で3年生にいい形で終わらせたい」(愛知)「甲子園があるなしにかかわらず県大会はしたい。感染対策も検討している」(香川)「全国大会開催可否にかかわらず開催の方向で検討する」(大分、宮崎)など。当然、今後の状況にも左右されるため、慎重な姿勢を崩さない県も少なくない。それでも「何かしらやりたい考えはある」(山梨)「何らかの検討をしたい」(長野)と開催意思をにじませた。

    「検討中または今後検討」は12県。20日の運営委員会の結果を見て検討したいという回答が多かった。現時点では開催意思を明言できなくても、3年生のために何かしてあげたい気持ちをにじませる関係者も多かった。「何とも言えない」とした3県は、日本高野連の決定を待たないと答えようがないというもの。今後、これら15県の中でも、独自開催の検討が進む県は十分ありそうだ。

    <緊急事態宣言継続>(北海道、埼玉、千葉、東京、神奈川、京都、大阪、兵庫)

    ○…緊急事態宣言が続く8都道府県の中でも、独自開催の道は探られている。東京は甲子園の開催有無にかかわらず、夏の大会準備を進める基本方針を確認済み。千葉も独自開催を選択肢に入れている。大阪は20日の運営委員会の結果を受けて対応していくが、中止でも独自開催することを検討している。

    日本高野連・小倉好正事務局長(39県の緊急事態宣言解除に)「本日の解除を受け、各都道府県が休校措置の解除、部活動の開始、対外試合の取り扱いなど、今後どのような対応をなされるかを含め、各都道府県の情報収集に努めたいと思います」

    <緊急事態宣言解除の39県高野連に聞いた 甲子園中止でも独自の大会を開くか?>

    青森 意思あり

    岩手 意思あり

    秋田 検討中または今後検討

    山形 意思あり

    宮城 意思あり

    福島 意思あり

    茨城 意思あり

    栃木 検討中または今後検討

    群馬 検討中または今後検討

    山梨 意思あり

    新潟 なんとも言えない

    長野 意思あり

    富山 電話つながらず

    石川 検討中または今後検討

    福井 意思あり

    静岡 意思あり

    愛知 意思あり


    5/15(金) 9:11配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-25150081-nksports-base


    【【朗報】地方大会 緊急解除39県中20が「開催意思あり」】の続きを読む


    甲子園球場にて毎年8月に主催している日本高校野球大会。40回大会以来、下1桁が0と5回は記念大会として実施されている。大会旗および優勝旗色は赤。優勝旗は深紅色ため「深紅大優勝旗」と呼ばれている。「夏の甲子園」「夏の高校野球」「夏の選手権」または「甲子園」 「
    100キロバイト (13,599 語) - 2020年5月12日 (火) 10:00



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/16(土) 01:24:15.85 ID:ZjW/MtOc9.net

    日本高野連が、8月10日に開幕予定だった第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)を中止する方向で検討に入った。中止になれば、戦局が悪化した1941年以来79年ぶり。
    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、史上初めて中止となった3月のセンバツ大会に続き、開催困難との見方が広がっていた。
    実際に中止が決まれば、現実として受け止めるしかないだろう。命、安全、健康が、何よりも優先されることは分かっている。もちろん、高校生だから、学業もおろそかにできない。
    ただ、高校球児が春だけでなく、夏までも甲子園の土を踏む機会を奪われるかと思うと、やりきれない。何とか、何とか、開催できないものかと考えてしまう。
    正直に言う。妙案はない。誰かが、どんな代替案を示そうとも、甲子園の代わりにはなりえない。球音と、球場いっぱいに埋まった観衆の大歓声が交錯し、選手が土にまみれながら、投げて、打って、走る。勝利を目指す。
    この、どれが欠けても、「甲子園」ではないと思う。

    「無観客でも」との声も聞く。もし開催するなら、センバツでも検討された無観客が現実的なプランだろう。だが、選手が目指す本当の「甲子園」とは違う気がしてならない。
    すでに、全国高校総体をはじめ、多くの運動部が日ごろの成果を示す場を失った。吹奏楽など文化部も同様だ。もし高校野球だけ開催すれば、批判の声も上がるだろう。主催者側はその声を恐れて、無難な道を選んではいないか。
    再考の余地はないか。考えてほしい。
    おそらく、20日の日本高野連の運営委員会で結論が出る。甲子園開幕予定の8月10日まで約2カ月半。プロ野球やJリーグは、開幕へ向けて少しずつ動きだしている。
    「兆し」が見えつつあるだけに、決断のタイムリミットを、もっとギリギリまで遅らせることはできないか。今、思い浮かぶのは、それくらいしかない。選手、特に3年生の思いに応える策が思い浮かばないのが悔しい。(アマ野球担当・麻生和男)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200515-00010063-chuspo-base
    5/15(金) 23:30配信


    【【まだわからん、わからんぞ!】夏の甲子園中止検討…決断のタイムリミット、もっとギリギリまで遅らせることはできないか】の続きを読む

    このページのトップヘ