平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:他球団情報 > 東京ヤクルトスワローズ



    (出典 www.news-postseven.com)



    1 鉄チーズ烏 ★ :2021/11/27(土) 23:21:39.44 ID:CAP_USER9.net

    11/27(土) 23:15配信 スポニチアネックス
    https://news.yahoo.co.jp/articles/04edc41b4e4cdbc1c15a56c8e1550d30e01a0576

     ◇SMBC日本シリーズ2021第6戦 ヤクルト─オリックス(2021年11月27日 ほっともっと神戸)

     ヤクルトは27日、日本シリーズ第6戦でオリックスを2─1で下し、通算4勝2敗で20年ぶり6度目の日本一を飾った。シリーズMVPは、ヤクルトの中村雄平(31)が受賞した。賞金700万円とトロフィーを獲得した。

     中村は全試合に先発マスクをかぶり、投手陣を好リード。優勝の瞬間に大粒の涙を流した。

     昨年は故障に泣き、わずか29試合の出場だった。扇の要が成長を遂げ、チームは頂点へと駆け上がった。


    【【FA?】ヤクルト中村悠平が日本シリーズMVP 攻守にけん引 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む



    (出典 s3-ap-northeast-1.amazonaws.com)


    スワホー

    900 どうですか解説の名無しさん :2021/11/21(日) 21:02:33.22

    日本沈没に間に合ったぜ
    高橋ありがとう


    【【すわほー】SMBC日本シリーズ第二戦 祝連敗脱出】の続きを読む



    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/02(月) 17:21:25.63 ID:CAP_USER9.net

    山田大や風張、平井らにも通告

     ヤクルトは2日、近藤一樹投手、山田大樹投手、田川賢吾投手、風張蓮投手、平井諒投手、山中浩史投手、育成選手のジュリアス投手の計7選手に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。

     2001年のドラフト7位で近鉄に指名されて入団した近藤。
    球団合併に伴う分配ドラフトでオリックスへと移籍すると、2008年には先発として2桁10勝をマークした。
    2016年途中にトレードでヤクルトに移籍すると、2018年には74試合に登板して35ホールドをマーク。
    最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得した。

     近藤はNPB所属の現役選手で数少ない近鉄戦士。今季限りでその1人である岩隈久志投手が現役引退を発表し、残るは近藤と、ヤクルトのチームメートである坂口智隆外野手の2人になっていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e03d8d73faf36f7c097cdb1ce570456f103e60fa
    11/2(月) 16:05
    配信


    【【野球】ヤクルト、“近鉄戦士”近藤一樹に戦力外通告 山田や山中ら計7選手に】の続きを読む



    1 キャベツ大臣 ★ :2020/11/02(月) 23:56:00.63 ID:CAP_USER9.net

    2日にヤクルトは2014年ドラフト2位の風張ら7選手に戦力外通告

     ヤクルトは2日、近藤一樹投手、山田大樹投手、田川賢吾投手、風張蓮投手、平井諒投手、山中浩史投手、育成選手のジュリアス投手の計7選手に来季の契約を結ばないことを伝えたと発表した。風張は2014年ドラフト2巡目で東農大北海道オホーツクから入団した右腕。これでヤクルトの2014年ドラフト指名選手はわずか6年で全員が戦力外通告を受けることとなった。

     風張は大学日本代表に選出されるなど活躍し、入団したが、2015年のイースタンの初登板、1軍デビュー登板でも危険球退場を経験。それでも2018年にリリーフで2勝を挙げていた。この年の1巡目の竹下真吾投手らをはじめ、風張以外の支配下6選手、育成1選手の同期入団はすでに戦力外通告を受けていたため、2014年組が姿を消すことになる。

     この年のドラフトは早大・有原航平投手(現日本ハム)に4球団が入札。済美・安楽智大投手に楽天とヤクルトが重複した。楽天が交渉権を獲得し、ヤクルトは竹下を指名した。有原を外したDeNAと阪神は山崎康晃投手を指名し、交渉権はDeNAが獲得。阪神は横山雄哉投手をその後、指名。広島は野間峻祥外野手の交渉権を獲得した。巨人は4番に成長した岡本和真内野手を単独、ロッテも中村奨吾内野手を1巡目で指名し、今ではチームの中心となっている。

     その他、西武3巡目で外崎修汰内野手、ロッテ3巡目で岩下大輝投手、ソフトバンク2巡目で栗原陵矢捕手らが指名され、今はチームに欠かせぬ存在になっている。また、オリックスは1巡目・山崎福也投手、2巡目・宗佑磨内野手、3巡目・佐野皓大外野手、そして7巡目・西野真弘内野手、8巡目・小田裕也外野手、9巡目に今季プロ初勝利した鈴木優投手と1軍出場している選手が多く存在しているというのが2014年ドラフトの特徴だ。

    11/2(月) 20:26配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/203836e812884de7604e73bad46aa969ac90b774


    【【悲報】わずか6年で全員が戦力外に… 苦戦が続いたヤクルト2014年ドラフト組】の続きを読む



    1 首都圏の虎 ★ :2020/10/24(土) 23:28:02.13

    ジャニーズ事務所は24日、公式サイトで神宮で行われたヤクルト―中日22回戦で、打ち上げられた花火の煙と風船の進入により試合が中断したことに関して謝罪した。

     事務所によると「10月24日神宮球場『ヤクルト対中日』戦 試合中断に関するお詫び」として、「本日、国立競技場にて行っておりました、嵐フェス2020の収録にあたり、風船及び花火による演出の煙により、隣接する神宮球場にて試合中の「ヤクルト対中日」戦を2度ほど意図せず中断させてしまう事となりました。神宮球場、両球団選手及び関係者、視聴者の皆さまには、ご迷惑をお掛け致しました事を、深くお詫び申し上げます」と謝罪文を掲載した。

     今年いっぱいでの活動休止を発表している嵐は、無観客ライブ「嵐フェス 2020 at 国立競技場」の配信をデビュー記念日の11月3日に行うとしており、公演は事前収録と発表されていた。

     場面はヤクルトが7―2とリードして迎えた6回表、中日の攻撃中、代打に出た2年目の滝野がプロ初安打をマークした。その直後、左翼スタンド後方からまるで滝野の初安打を祝福するようなタイミングで花火が上がり、その煙が風にあおられて徐々にグラウンド内へ。視界が悪くなったため、市川球審がタイムをかけ、中断。煙が薄くなるのを待って約1分後に試合が再開された。

     その後、7回表にも今度は大量の白い風船がグラウンド内に進入し、再び試合が中断した。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/8776198e78702f89cee5e588f8fb0f1bd80f7e5f

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【【また不手際】ジャニーズ事務所 プロ野球試合中断を謝罪 嵐フェス2020の収録中花火の煙と風船が侵入】の続きを読む

    このページのトップヘ