平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ: マリーンズ選手


    二木 康太(ふたき こうた、1995年8月1日 - )は、鹿児島県霧島市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。千葉ロッテマリーンズ所属。 小学3年生までサッカーチームに所属しており、今でもサッカーは趣味であり特技である。5年生の頃、霧島市立青葉小学校のスポーツ少年団(軟式野球)に入団し、野球を始め
    22キロバイト (2,735 語) - 2020年11月18日 (水) 16:35



    (出典 www.chibanippo.co.jp)


    ソフトバンクキラー

    1 風吹けば名無し :2020/11/25(水) 23:02:59.33 ID:QA3L7Jv4a.net

    予告先発で発表されるとホークスファンが絶望する


    【千葉ロッテ二木康太投手について知っていること【巨人入り待ったなし?】】の続きを読む


    ロッテオリオンズから1位指名を受ける。ドラフト前に愛甲を最も熱心に誘ったのは大洋で、原辰徳の外れ1位と言われていた。大洋から指名されなかった場合は社会人のプリンスホテル硬式野球部を経由して西武に入団するという密約を西武と結んでいたため、ドラフト後の記者会見で「ロッテ
    34キロバイト (4,579 語) - 2020年11月21日 (土) 03:46



    (出典 www.suruga-ya.jp)


    ソフトバンクの強さにあ然も「このチームに勝ち越してるチームが…」 ロッテを暗に自慢 [首都圏の虎★]

    1 首都圏の虎 ★ :2020/11/25(水) 18:32:33.83 ID:CAP_USER9.net

    元ロッテの愛甲猛氏が24日、ツイッターを更新し、ソフトバンクが3連勝の日本シリーズについて「このチームに勝ち越してるチームがあるなんて!」と古巣・ロッテを暗に自慢した。


     愛甲氏は「日本シリーズ、ソフトバンク強すぎねぇか…」と、圧倒的な強さで連覇へ王手をかけたソフトバンクにあ然。3戦目はわずか1安打に抑える継投を見せたかと思えば、2戦目は打線が爆発するというすごさを発揮するパリーグ覇者に脱帽だ。

     だが「このチームに勝ち越してるチームがあるなんて!」とも投稿し、リーグ戦で唯一ソフトバンクに勝ち越した古巣の強さを暗に自慢した。

     そして「そろそろ加藤哲郎の出番やなw かとう~~~」と、元近鉄の加藤哲郎氏に呼びかけ。これに加藤氏は「ロッテOBの先輩やめてw パ・リーグ贔屓はどうしてもパ・リーグが勝つと『どや!』って、なるんですよね~」と反応、愛甲氏も「やめられませんww」と嬉しそうにつぶやいていた。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/c4b45483e6adf342e4c112eb86469e0667b5eb2e

    (出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


    【元ロッテ・愛甲氏 愛情表現】の続きを読む


    2020年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ (カテゴリ 千葉ロッテマリーンズの歴史)
    殺コースだったが一塁手井上の失策でソフトバンクが同点に追いついた。8回裏にソフトバンクはロッテ澤村を攻め、2四球と1安打で2死満塁とした所で甲斐の適時内野安打で勝ち越した。9回表を森が締めてゲームセット。 ロッテは美馬が5回1/3、1失点と試合を作り、2回から7回まで先頭打者の出塁があった。しかし中
    13キロバイト (1,629 語) - 2020年11月25日 (水) 14:03



    (出典 pbs.twimg.com)


    トレードの原因はプロ2年目にあった?「どうしたのこの体」川口元コーチが投球を狂わせた誤算を明かす

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/25(水) 21:12:41.97 ID:CAP_USER9.net

     元フジテレビアナウンサーでフリーの田中大貴アナが24日に自身の公式ユーチューブチャンネルに投稿した動画に、元巨人投手コーチで野球解説者の川口和久氏がゲスト出演。ロッテ・澤村拓一が巨人時代に不振にあえいだ理由を語った。

     澤村がプロ入りした2011年から2014年にかけ、一軍投手総合コーチとして指導にあたった川口氏。今回の動画では巨人時代に思うような成績を挙げられなかった理由として、澤村がプロ2年目の2012年にあったという誤算を挙げた。

     >>巨人、直江・山下の自由契約は大補強の布石?「人的逃れの可能性もある」今オフ5人目の“育成落ち”に憶測飛び交う<<

     2010年ドラフトで1位指名を受け巨人に入団し、翌2011年に「11勝11敗・防御率2.03」でセ・リーグ新人王に輝いた澤村。川口氏によると当時の澤村はストレートとスライダーの2球種しか試合で使える球がなかったというが、それでも2ケタ勝利を挙げられる期待の投手だったという。

     ところが、動画内で具体的な時期は明かされていないが、2012年の開幕前に澤村を見ると「すっげー体格が良くなってた」という川口氏。「お前どうしたのこの体?」と聞くと、日本ハム・ダルビッシュ有(当時/現カ*)も通っていたトレーニングジムでオフシーズン中、筋力トレーニングに励んだ結果筋肉量が増加したと言われたという。

     一般的に筋トレは球速、スピン量の増加といったメリットがあると言われているが、川口氏によると澤村には「(下手に)筋肉をつけちゃったもんだから肩が回らない」というデメリットが生じてしまったとのこと。また、肩の可動範囲が狭くなったことにより、「スライダーが(1年目と比べて)曲がらなくなった」という。

     スライダーの威力が落ちた影響で、残る球種のストレートを相手打者に狙い打たれる場面が増えてしまったという川口氏。澤村はリリーフに転向した2015年ごろからスプリットを持ち球に加え投球を組み立てていたというが、川口氏は「これ(スプリットを軸とした投球)が出来上がった頃にロッテにトレード(された印象が強い)」と、スライダーを失った影響が長引いたことが結果的に今年9月のロッテへのトレード移籍につながったと主張していた。

     川口氏はこの他にも2013年日本シリーズで楽天に勝てなかった理由や、コーチ時代に巨人・菅野智之からかかってきたという驚きの電話について動画内で語っている。

     今回の動画を受け、ネット上には「3か月くらいのオフ期間で見違えるくらい筋肉つける努力自体はすごいと思うが、何事もやり過ぎは良くないってことなのかもしれない」、「結局1年目の成績が現状キャリアハイだからなあ、行き過ぎた筋トレがなければと思うともったいない」、「そこから覚えたスプリットが今の武器になってるのがまだ救いだな」といった反応が多数寄せられている。

     1年目の2011年に好成績を残した澤村だが、2年目の2012年に「10勝10敗・防御率2.86」と数字を落とすと、翌2012年以降の2年間は計10勝と年々低迷。リリーフに転向した2015年から今季のロッテ移籍前までの期間も「17勝16敗45ホールド74セーブ・防御率2.88」と思うような成績は挙げられていなかったが、ロッテ移籍以降はスプリットを武器に「0勝2敗13ホールド1セーブ・防御率1.71」と活躍しチームのパ・リーグ2位に大きく貢献している。

     ロッテでの活躍もあり、今オフ複数のメジャー球団から獲得に興味を持たれていると伝えられている澤村。ただ、筋トレによる誤算がなければ、巨人のエースとして大成する未来もあったのかもしれない。

    文 / 柴田雅人

    記事内の引用について
    田中大貴アナの公式ユーチューブチャンネルより
    https://www.youtube.com/channel/UC95Lxy4H7OA0w-bVzIvFyzg

    https://news.nifty.com/article/sports/baseball/12184-200074747/
    2020年11月25日 20時30分 リアルライブ


    【ロッテ・澤村、トレードの原因は】の続きを読む


    澤村拓一 (沢村拓一からのリダイレクト)
    ^ 電撃!巨人・澤村とロッテ・香月のトレードが成立 東スポWeb 2020年9月7日 ^ ロッテ沢村背番106でベンチ入り、ユニ間に合わず 日刊スポーツ 2020年9月8日 ^ 沢村「ホッ」3連続K!ロッテ5連勝 日本ハム連敗 日刊スポーツ 2020年9月8日 ^ ロッテ沢村、シーズン途中加入でセーブは球団3人目
    46キロバイト (6,092 語) - 2020年11月17日 (火) 14:18



    (出典 www.sponichi.co.jp)


    ロッテ・沢村にイチローの代理人!海外FA権行使へボッグス氏と契約

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/11/19(木) 04:38:24.20 ID:CAP_USER9.net

    海外フリーエージェント(FA)権を行使して今オフの大リーグ移籍を視野に入れているロッテの沢村拓一投手(32)が、イチロー氏(現マリナーズ球団会長付特別補佐兼インストラクター)らの担当で知られるジョン・ボッグス氏と代理人契約を結んだことが18日、分かった。

     同氏は83年から大リーグの代理人業を務める大ベテラン。イチロー氏の他にも通算3141安打のトニー・グウィン氏ら超大物を顧客に抱え、担当選手の大型契約は10年オフに強打者エイドリアン・ゴンザレスがレッドソックスと結んだ7年総額1億5400万ドル(約160億円)などが有名だ。現在も平野(マ軍からFA)、今季のワールドシリーズを制したドジャースのデーブ・ロバーツ監督らをサポートしている。

     ボッグス氏の強みは長年のキャリアで築いた幅広い人脈。ジャイアンツなどで監督通算2003勝を挙げたブルース・ボウチー氏、選手会のトニー・クラーク専務理事も顧客だったことがあり、大リーグ機構、選手会などにも顔が利くという。

     今オフ、最優秀救援投手の右腕ヘンドリックス(アスレチックスからFA)ら実力者がひしめくリリーフ投手の移籍市場が本格的に動き始めるのは12月上旬。沢村は敏腕代理人のサポートを受け、夢の舞台への道を探る。

    11/19(木) 4:00
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20201119-00000003-spnannex-base


    【ロッテ沢村速報イチローの代理人!】の続きを読む


    【悲報】ロッテ福田、嫌われていた

    1 風吹けば名無し :2020/11/21(土) 06:21:52.67 ID:O9IfBJYj0.net

    ロッテ・清田がFA権の行使について熟考していることが20日、分かった。
    FA権を行使せずの来季残留が確定的とみられたが、
    近い関係者に「あらためて熟考しています」と話していることが20日までに判明した。
    さらなる出場機会を求め、得た権利について検討しているもようだ。
    同じくFA権を保有する荻野や唐川も含め、
    生え抜き選手たちが来季以降について、あらためて球団と話し合いの場を持つことになる。
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011200000671.html


    【ロッテ 福田悲報】の続きを読む

    このページのトップヘ