平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ:社会情報 > 分析 情報 考察


    涌井 秀章(わくい ひであき、1986年6月21日 - )は、千葉県松戸市出身のプロ野球選手(投手)。右投右打。東北楽天ゴールデンイーグルス所属。妻はモデルの押切もえ。 松戸市立寒風台小学校時代はソフトボールをしており(寒風台ソフトボールチームに所属)、野球は松戸市立第六中学校に進学後のシニアリーグ
    64キロバイト (8,827 語) - 2020年3月9日 (月) 21:08



    (出典 news.1242.com)


    今思うと出さなくてもいいような。。でもコロナで収益が。。。。

    1 風吹けば名無し :2020/05/09(土) 17:13:01 ID:ctBRyzCR0.net

    言うて33歳で2018までエースだぞ
    2019のロッテは規定ゼロ


    【【検証】なぜロッテは金銭トレードで涌井を放出したのか!!】の続きを読む


    手が受賞する場合もある。また、WBCで日本代表が優勝した際には日本代表監督が受賞した。2010年にロッテが日本一になった際には、選考委員の中から千葉ロッテマリーンズ球団自体やマリーンズサポーター(ロッテファン)を対象にしようという意見も出たという。2017年にソフトバンクが日本一になった際には投手の
    11キロバイト (588 語) - 2020年4月20日 (月) 04:35



    (出典 images-na.ssl-images-amazon.com)



    1 名無し募集中。。。 :2020/02/09(日) 00:40:43 ID:xs9MQv9Q.net

    当時まだ子供で低迷期だったロッテを一気に2位まで浮上させ
    解任後また低迷期に入ったから広岡のことを恨んでた
    広岡の「バレンタインじゃなかったら優勝」「俺がGMを続けていたらロッテは黄金期」発言も
    不愉快だった

    でも歳を取るとこういう問題って100対0は無いんだなって気づいた
    結局どっちが悪かったのか
    教えてほしい


    【【90年代ロッテ検証】バレンタインと広岡ってどっちが悪かったんだ】の続きを読む


    ロッテグループ > ロッテ 株式会社ロッテ(LOTTE Co., Ltd.)は東京都新宿区に本社が在る菓子メーカー。重光武雄(신격호)が1948年(昭和23年)に日本で創業。創業以来、世界各地でグループを展開し、重光の出身地である韓国で積極的に投資して大規模に事業しているロッテグループ#韓国ロッテ
    55キロバイト (4,540 語) - 2020年5月4日 (月) 03:44



    (出典 livedoor.blogimg.jp)



    1 風吹けば名無し :2020/05/08(金) 20:33:17 ID:4CocZx4Ra.net

    ラッパも使わずにすげえうるさいんだけど


    【【検証】ロッテは観客動員数最下位なのに球場でのファンの声がでかいのなぜ?】の続きを読む



    1 征夷大将軍 ★ :2020/05/06(水) 09:52:46.32

    昨年のプロ野球開幕戦、一つのことがニュースとなった。開幕投手を任せられた12人の先発投手のうち、メッセンジャー(阪神)を除く11人がシニアリーグやボーイズリーグなどの硬式クラブチームではなく、中学校の軟式野球部出身だったのだ。ちなみにその11人の顔ぶれは以下の通りである。

    巨人:菅野智之
    DeNA:今永昇太
    広島:大瀬良大地
    中日:笠原 祥太郎
    ヤクルト:小川泰弘
    西武:多和田真三郎
    ソフトバンク:千賀滉大
    楽天:岸孝之
    ロッテ:石川歩
    日本ハム:上沢直之
    オリックス:山岡泰輔

    この中には、強豪の東海大相模出身の菅野や高校3年夏の甲子園にも出場した大瀬良、高校時代からドラフト上位候補だった山岡なども含まれているが、高校時代は全く無名だったという選手も少なくない。また、最近では小学校、中学校時代に投手として大活躍しておらず、高校時代も地元の公立高校で登板過多を逃れられた結果、その後に大成したというケースもよく見られる。今回はそのような“非エリート”でありながら、プロで一流選手となった投手について紹介してみたい。

    現役で非エリートからエースに上り詰めた代表例と言えば、上記した開幕投手にも名を連ねている千賀となるだろう。中学時代は学校の軟式野球部でプレーしており、高校も地元の愛知県立蒲郡高校へ進学。蒲郡高校は、甲子園はおろか愛知県内でも実績のあるチームではなく、過去10年間の最高成績は夏の愛知大会3回戦進出という、いわゆるどこにでもある“普通の公立高校”である。

    千賀自身も中学時代は主にサードとしてプレーしており、高校では故障も多く、目立つような成績は残していない。3年夏にも初戦となる2回戦で5失点完投勝利をおさめているが、続く3回戦では、先発することはなくリリーフでの登板で高校野球を終えた。もちろん、全国的にも全く無名の存在で、プロ入りに際しては県内のスポーツ用品店の店主からプロ球団のスカウトへ送られた情報がきっかけだったと言われている。

    それでも育成4位という順位が当時の評価の低さを物語っていると言えるだろう。プロ入り後は2年目の4月に支配下登録され、3年目には中継ぎとして大活躍するなど瞬く間にスター選手への階段を駆け上がった。
    幸運だったのは担当スカウトだった小川一夫が千賀の入団と同時に二軍監督に就任したことである。よくスカウト部門と育成部門のコミュニケーション不足が原因で入団した選手が伸び悩むこともあると言われるだけに、この人事が生んだ効果は大きかったと言えるだろう。


    【【検証】まさに“成り上がり”!「無名」の存在から「一流」に大化けした投手】の続きを読む


    でも福留、松井はわるくない?期待外れなだけ?

    1 風吹けば名無し :2020/05/05(火) 15:50:29.61 ID:28yNEP3f00505.net

    なんでなんや?
    日本では無双してたのに


    【【大検証】中村紀洋、福留孝介、松井稼頭央、西岡剛←この辺のメジャーでいまいちだったバッター】の続きを読む

    このページのトップヘ