平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ: 社会情報


    志村 けん(しむら けん、1950年2月20日 - 2020年3月29日)は、日本のコメディアン、お笑いタレント、司会者である。ザ・ドリフターズのメンバー。イザワオフィス所属。1972年までの旧芸名および中国語での表記は「志村 健」。本名は志村 康徳(しむら やすのり)。
    100キロバイト (15,698 語) - 2020年3月30日 (月) 08:23


    いいと思う。

    1 1号 ★ :2020/03/30(月) 16:59:42.59

    コロナ終息後は国葬級の扱いで見送られることになりそうな志村けんさん


     新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症していたザ・ドリフターズのメンバーでタレントの志村けんさんが29日午後11時過ぎ、入院先の都内の病院で死去したことを、30日、各メディアが報じた。70歳だった。

     今月25日に所属事務所が感染を発表。発表によると、志村さんは今月17日にけん怠感があったため自宅療養。19日には呼吸困難となり、翌20日に自宅を訪問した医師の判断で都内の病院に搬送され、重度の肺炎と診断されて入院。

     コロナの感染が疑われたため検査が行われ、陽性が確認された23日夜に病状が悪化。25日から都内の別の病院に転院して人工心肺装置による治療を続けていたという。

    「16年に肺炎を患いその後は禁煙。大量のサプリメントを摂取する健康オタクだったことが知られていたが、連日の深酒が体をむしばみ免疫力が低下していたようだ。1日も早い復帰を日本中が願っていたが、帰らぬ人となってしまった」(テレビ局関係者)

     現在、コロナが猛威をふるっているだけに、葬儀・通夜は近親者のみで執り行うというが、コロナ騒動が終息したら盛大に送り出されことになりそうだ。

    「笑いで国民を元気づけた。さらには、身をもってコロナが恐ろしい感染症であることを国民に分からせてくれた。おそらく、国葬級のお別れ会が行われるのでは」(芸能記者)

     亡くなってもなお、国民に多大なる影響を与えてくれた志村さんだった。

    2020/03/30 12:35
    https://wjn.jp/sp/article/detail/8542692/


    【【国葬予定だった?】志村けん、コロナ終息後は国葬級の扱いで見送られることに】の続きを読む



    【【文春砲23】週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    1 Anonymous ★ :2021/12/25(土) 04:09:10.55

    12月18日、札幌市内のホテルの高層階から転落し、急逝した女優・神田沙也加(享年35)。亡くなる直前、交際相手の男性俳優との間にトラブルがあったことが「週刊文春」の取材でわかった。

    神田が交際していたのは、主演予定だったミュージカル「マイ・フェア・レディ」の共演者として名を連ねていた俳優・前山剛久(30)。

    「前山は、若手俳優集団『D―BOYS』のメンバー。2013年に『仮面ライダーウィザード』で注目され、
    『刀剣乱舞』などゲームやアニメが原作の舞台に出演する“2・5次元俳優”として活躍しています。
    趣味はロック鑑賞。高校時代はバンドを組み、今でもギターを弾いています」(前山の事務所関係者)

    2人は、今年8月から帝国劇場などで上演されたミュージカル「王家の紋章」で初共演。
    恋人同士になったのは、9月下旬の千秋楽から間もない10月初旬のことだった。

    「沙也加さんが告白する形で交際が始まりました。前山も、可愛い上に、情熱的な人柄の彼女に惹かれたそうです。
    沙也加さんも35歳。最初から結婚を前提とした交際でした。彼女は最近も精神安定剤を服用するなど、感情の浮き沈みが激しかった。
    それでも、前山は『頑張って薬を減らしていこう』と提案し、そのための計画表を作っていました」(前山の友人)


    前山とアイドル・A子との“関係”に深く悩んでいた


    11月から始まった「マイ・フェア・レディ」でも、立て続けに共演を果たす。

    「前山が演じたのは、沙也加演じる主役に恋する役どころです。初日前会見では、前山が稽古中に『恋してます! だってめっちゃかわいいですもん』と“告白”したところ、
    沙也加から“エアビンタ”を受けたエピソードを明*など、のろけ放題でした」(同前)

    ところが、12月に入り、沙也加はこう漏らすようになった。
    彼に酷い目に遭わされた」

    2人の間に一体、何が起きていたのか。

    「沙也加は、前山さんとアイドル・A子さんとの“関係”に深く悩んでいました」(沙也加の親友)

    前山の所属事務所に沙也加との交際やトラブルなどについて確認を求めたところ、以下のように回答した。

    「前山剛久より、神田沙也加様と真剣に交際しているという報告は受けており、承知しておりましたが、
    神田様も前山も、30歳を超えた大人同士による恋愛でしたので、本人達に任せておりました。

    突然の訃報に接し、前山も多大なショックを受けている状態で憔悴しきっており、現在本人から話を聞ける状況ではないため、回答を控えさせて頂きます。

    ここに謹んでご冥福をお祈り申し上げます」

    沙也加がショックを受けたとされる前山とA子との“関係”とはどのようなものだったのか。
    そして、ミュージカル女優の彼女にとって、受け入れ難かった残酷な知らせ。宿泊していた部屋に残されていた2通の「遺書」。
    そこに綴られていたメッセージとは――。

    12月22日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び12月23日(木)発売の「週刊文春」では、沙也加が綴った「遺書」の中身、
    前山が沙也加との交際中にA子に送っていたLINE、その直後に沙也加と前山の間で交わされた“誓約書”、沙也加に届いた残酷な知らせの内容、
    さらに、沙也加と母・松田聖子の7年間に及ぶ絶縁状態などについて、報じている。

    https://bunshun.jp/articles/-/51026
    https://bunshun.jp/articles/-/51026?page=2


    ここから読める(有料)
    https://bunshun.jp/denshiban/articles/b2158

    ★1 2021/12/22(水) 17:00:41.38
    前スレ
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1640364351/


    【【文春砲68】週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル】の続きを読む



    (出典 www.asahicom.jp)



    102 名無しさん@恐縮です :2021/12/25(土) 04:34:55.59

    リーク元はマネージャーでしょ。
    前日に沙也加、前山、マネージャー3人で食事して沙也加だけ先に帰ったとか、
    カードキーに出入り記録は無かったとか、
    知り得るのはマネージャーだけ。
    LINEの証拠を抑えて契約書押印に立ち会ったのも沙也加のマネージャー。


    【【文春砲69】週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル】の続きを読む



    200 名無しさん@恐縮です :2021/12/23(木) 22:57:00.57

    仕事もしないで誹謗中傷が生きがいのガイジ湧きすぎだろ


    【週刊文春、神田沙也加さんの「遺書」の中身を発表へ  死の直前、交際相手の前山剛久とトラブル】の続きを読む

    このページのトップヘ