平安藤原をかた朗記 CLM

マリーンズ高卒ドラ1カルテット マリーンズの平安藤原こと平沢大河選手 安田尚憲選手 藤原恭太選手 そして佐々木朗希選手の情報をまとめながら応援するブログです。マリーンズの情報もまとめております。

    カテゴリ: 社会情報



    (出典 www.qlife.jp)



    1 イスラトラビル(愛知県) [KR] :2021/09/09(木) 07:50:28.55


    ラッパのマークの正露丸というと、日本では広く知られている一般的な胃腸薬ですが、これが実は世界初のアニサキス特効薬だった可能性が濃厚になってきました。

    もともと正露丸がアニサキスの活動を抑制するという報告はありましたが、ネット上では専門家による否定的な意見も多く、実際の効果は不明確でした。

    高知大学理工学部の研究グループは、正露丸がアニサキスに対する殺虫効果を持つのかどうかを、細胞の生死判定を行うトリパンブルー染色液を使って調査。

    結果、正露丸を溶かした液は実際にアニサキスを*ていて、胃液でも分解できる状態にしていることがわかりました。

    これは現在殺虫方法がないとされていたアニサキスに対する世界初の特効薬が、実は既に存在していたという驚きの事実です。

    研究の詳細は、『Open Journal of Pharmacology and Pharmacotherapeutics』へ7月22日に掲載されています。

    (後略)

    https://nazology.net/archives/95980


    【【朗報】正露丸は「寄生虫アニサキス」を殺す世界初の特効薬だった】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    1 Egg ★ :2021/09/09(木) 06:20:14.73

    自民党の高市早苗前総務相が8日午後に行った党総裁選(17日告示、29日投開票)への出馬表明記者会見で、会場にいた報道関係者が学校法人「森友学園」をめぐる問題について「再調査するのか」「話さないのか」と怒鳴り声を上げた。

     高市氏は「一人の公務員が大変追い詰められ、命を絶った気の毒な事件だ。こういった改竄(かいざん)が絶対に起こらない体制を作る」などと説明した。

    この報道関係者はさらに「安倍晋三前首相への忖度(そんたく)か」「安倍氏の傀儡(かいらい)ではないか」と怒鳴り続けたため、別の報道関係者が「やめろよ」と制止に入った。高市氏は「そこまでやじり倒さないでください。本日はありがとうございました」と締めくくった
     
    2021年9月8日 18時54分
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/20

    1 Egg ★ 2021/09/08(水) 19:45:28.25
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1631107570/


    【【掛け合い高市氏の記者会見】<報道関係者怒鳴り声>「安倍氏の傀儡か」別の報道関係者「やめろよ」早苗「そこまでやじり倒さないで」】の続きを読む



    1 孤高の旅人 ★ :2021/07/10(土) 07:41:32.71

    自民、「低調」五輪に懸念 野党は全面無観客主張
    7/10(土) 7:14配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ccc21e1ad44487ebb580b049004b7ad60cb562be

     東京五輪が首都圏4都県の会場で無観客となったことを受け、自民党内には大会が盛り上がりを欠く事態への懸念が広がった。

     経済効果も限定的とみられるため、秋までに行われる衆院選に悪影響を及ぼす可能性があるというわけだ。野党は北海道、宮城、福島など5道県でも無観客とし、五輪関係者やスポンサーの招待者の観戦も認めない「例外なき無観客」を主張した。

     菅義偉首相は五輪・パラリンピックの「感動」や「興奮」をきっかけに社会全体が活気づき、経済活動が回復する展開を期待し、有観客にこだわっていた。無観客ではもくろみ通りの効果は望みにくく、自民党の閣僚経験者は「今後の政権浮揚のシナリオは難しい」と唇をかんだ。

     世論の不満を何とか抑えたいところで、首相は9日、「(新型コロナウイルス感染の)水際対策をはじめ安全・安心のために全力で取り組んでいきたい」と首相官邸で記者団に強調。自民党の森山裕国対委員長は「国民に非常に申し訳ない」と述べた。

     公明党の山口那津男代表は記者団に、「妥当な判断」と評価しつつ、政府に「開催の意義を国民に理解してもらえるよう努力してほしい」と注文を付けた。

     これに対し、立憲民主党の安住淳国対委員長は記者団に「『コロナに打ち勝った証し』として開催すると言っていた。なぜやるのか、納得する説明はない」と首相を批判。観客の在り方については「統一感を持たせるためにも無観客でそろえた方がいい」「五輪ファミリーが入るのは筋が通らない」と訴えた。安住氏は宮城県選出。

     共産党の田村智子政策委員長は記者会見で、改めて中止を求めつつ「五輪を契機に感染が全国に拡大する危険性を否定できない。有観客はおよそ考えられない」と語った。


    【【東京五輪】自民、「低調」五輪に懸念 野党は全面無観客主張】の続きを読む



    1 蚤の市 ★ :2021/07/10(土) 07:50:25.38

     東京五輪の観客上限を巡る政府や国際オリンピック委員会(IOC)らの8日の5者協議で、1都3県の34競技会場は一律無観客開催となった。感染リスクは減ったが、開幕直前の決定により、運営の混乱や無駄になった支出も多い。「コロナに打ち勝った証し」として観客が入った開催にこだわったツケは国民に降り掛かる。(原田遼、岡本太、清水俊介)
    ◆首相は観客入りに執着
     「5者協議で方向性を決められた。安全安心のために全力で取り組んでいきたい」。菅義偉首相は9日、東京などが無観客開催となったことを受け、淡々と記者団の取材に応じたが、心中は穏やかでなかったに違いない。
     首相は、国会や記者会見で「素晴らしい大会を子どもや若者に見てもらい、希望や勇気を伝えたい」などと情に訴える発言を連発。「なるべく普通の状態で開催したい」(周辺)と、観客入りにこだわり「意思は固い」(自民党中堅)とみられていた。
     だが、4日投開票の東京都議選で、政府のコロナ対策への不満から自民党が苦戦。世論の圧力と感染再拡大で東京への緊急事態宣言発令を余儀なくされた。政府高官は「国民に感染防止で協力してもらうためにも、無観客の方が分かりやすい」と苦渋の決断を分析。小池百合子都知事も8日夜、「菅首相とも頻繁に連絡を取り合い、その中で無観客の流れも出てきた」と述べ、首相の「断腸の思い」を代弁した。
    ◆二転三転で無駄な支出も
     「決定が二転三転した。日々変わる感染状況の中、4月に決められると思ったが、5月、6月となり、今回まで延びた」。組織委の橋本聖子会長は8日、こう説明したが、観客を入れるため、先延ばしにされた影響は大きい。
     観客入りを想定して造られた仮設スタンド、荷物検査の機器、熱中症対策などのテントなどの多くは設置済みで、無駄になった。委託業者を通じて確保した運営スタッフや警備スタッフも相当数が必要なくなる。業者への依頼を取り下げても、キャンセル料を求められる可能性もある。チケット収入で計上していた900億円の大半が消滅。現在の1兆6440億円の大会予算で赤字が生まれれば、都や国が税金から補てんする。
    ◆目先の欲が裏目に
     ある組織委幹部は「もう2週間前。今さら浮くお金はほとんどないだろう。4月に判断していれば、もう少し違ったかもしれない」と指摘する。「5月下旬にかけて感染者数が減り、欲が出た。組織委は客を入れたいし、政府も政権浮上につながるもくろみもあっただろう。裏目に出て、自らイメージを悪くした」と悔やんだ。
     観客がいなくなれば、ホテル、飲食店にも影響する。組織委と東京都と合わせて10万人に依頼しているボランティアも一部は必要なくなる。
     観客入りの可能性を直前まで残した分、開催を心待ちにしていた人の失望は大きい。一方、開会式ではIOC委員や首脳など各国要人、スポンサー関係者が「別枠」で観覧する。橋本氏は入場する関係者の削減を検討しているが、別の幹部は「『日本に来てください』と言って招いている以上、断るのは難しい」と本音を語った。

    東京新聞 2021年7月10日 06時00分
    https://www.tokyo-np.co.jp/article/115703
    ※関連スレ
    【悲報】加藤官房長官 五輪財政負担、東京都との交渉応じない意向 「東京都が補填する」 ★6 [potato★]
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1625844744/


    【【悲報】五輪無観客、直前決定で無駄もさらに増加 「コロナに打ち勝った証」に執着のツケは税金!】の続きを読む



    (出典 static.tokyo-np.co.jp)



    1 孤高の旅人 ★ :2021/07/04(日) 21:58:56.33

    都議選、中央政界の反応は…自民に衝撃も
    7/4(日) 20:49配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/721cd96237ec9483cffa86d15b21d374ab6ab082

    任期満了に伴う東京都議会議員選挙の投票は、4日午後8時に締め切られました。今回の選挙について、中央政界の反応を国会から柳沢高志記者が伝えます。

    ■自民党内の反応は

    自民党内では当初、「50議席は取れるだろう」という楽観論もあっただけに、それを下回りそうだとの情勢が伝えられ、「こんなに負けるのか」と衝撃が走っています。

    自民党本部には、午後8時現在、二階幹事長や山口選対委員長らが入り、戦況を見守っています。党本部に入った自民党幹部の1人は険しい表情のまま、「厳しくなりそうだ」と記者団に語りました。

    当初、都議選の序盤に自民党が行った情勢調査では、自民党は50議席以上を狙えるとの結果が出ていました。こうしたことから、政権幹部も「自公で過半数は、間違いなく取れるだろう」と語るなど、一時は楽観的なムードすら広がっていました。

    しかし、雰囲気を一変させたのは小池都知事が過労を理由に静養を発表したことです。自民党の幹部職員は「小池さんへの同情票が都民ファーストに流れている。予想外の展開だ」と危機感をあらわにしました。

    ある政権幹部は、数日前には「45議席は取れるだろう」と余裕を見せていましたが、4日になって一転、「何とか40議席は確保したい」と語りました。

    こうした情勢を受け、自民党内では、秋までにある衆議院選挙への影響を心配する声が上がっています。ある自民党若手議員は「菅総理のままで衆院選を戦えるのか、という声は出てくるだろう」と指摘しています。


    ■野党側の受け止め

    ある立憲民主党幹部は「小池百合子、恐るべし」と語り、都民ファーストの勢いが予想以上だったことを強調しました。

    今回の選挙戦では、立憲民主党と共産党は多くの選挙区で候補者が競合しないようにすみ分け、事実上の選挙協力を行いました。こうした戦略が功を奏して、両党は堅調な戦いをしていますが、立憲民主党幹部は「ここにきて都民ファーストと立憲・共産が競り合う展開となっている」と指摘しています。

    野党にとっても、今回の選挙が衆院選に向けた選挙協力の試金石となるだけに、その結果に注目しています。


    【【日テレ】東京都議選 自民党内の反応は「こんなに負けるのか」と衝撃が走っています】の続きを読む

    このページのトップヘ