1 ■忍【LV23,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb :21/02/22(月)14:13:27 ID:???


「困ったときの役所の使い方」を義務教育で、教えればいいのに

 社会に出てから義務教育で習う古文や漢文を使っている人は、0.1%もいないと思います。  そもそも義務教育は社会で必要な能力を
身につけるためのもので、教師の雇用確保のために続けるものではないです。

もちろん、教養として学びたい人や学問としてやりたい人を制限する必要まではないですが、子供に覚えさせる優先順位としては
低いと思うのですよ。

なので、個人的には古文や漢文を共通テストの科目から外したほうがいいと思っていたりします。  そうすれば、受験への影響も
なくなるので必修にする必要もなくなります。
すると、その時間を他の授業に充てることができるわけです。プログラムやお金の話、宗教の話なんかいいと思いますが、それ以外に、
「困ったときの役所の使い方」を教えることも結構大事なのではないかと思うのですね。

というのも、先日、連載の担当さんが子育て関連の情報を調べていたときに、とある悩み相談を見つけたそうです。  
内容は、高校を卒業したばかりで生活の苦しいシングルマザーが、自分が育てたら子供にやりたいこともさせてあげられないし
子育ての不安もある。
子供の将来を考えるなら養子に出したほうがいいのではないか、というものでした。  

たしかに、この悩み相談をしているシングルマザーが育てても子供が将来どうなるかはわからないです。もしかしたら幸せかもしれないし、
もしかしたら苦労するかもしれない。でも、養子に出したとして、それが子供にとって幸せなことなのかもわかりません。

(以下略)

*詳しくは、リンク先にてご覧くださいませ!!

SPA! 2月18日
https://nikkan-spa.jp/1735280

◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 119◆ !max600
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1613854618/

-------------------------------------
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
-------------------------------------





17 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)18:54:36 ID:K4.gb.L6

>>1
> 個人的には古文や漢文を共通テストの科目から外したほうがいいと思っていたりします。



まず、語学試験の選択に韓国語があるってものが不思議でしょうがねぇだろ


22 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)21:29:00 ID:Jf.m6.L1

>>1
人形浄瑠璃を無駄とぶった切った橋下と同じ人種だな。
自分が古文漢文を嫌いだっただけじゃないか?

戦前は小学校から自然に古典に慣れ親しんでいた。
今が授業が少な過ぎ。若い世代は五言絶句や七言絶句も知らないそうだ。
文化の断絶を、これ以上起してはいけない。
芸術は、守り育てることから新しいものが生まれる。

極論を言えば、音楽美術、体育などの教科もいらないとの議論が出てくる。
そういう論者にありがちなのが「生産性」優先。「生産性」のないものの排除。
これは文化的に後退した考えだ。
そのような考えを持つ理系頭の人も、当然有用な人材だが、理系脳だけで教育を判断してはいけない。
文化の力は国力だ。


26 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)21:57:14 ID:yD.fo.L1

>>22
西部邁
いやね、僕もそうかもしれないと思っている。でもね、神だ仏だと言ってもね、英語で言ってもしょうがないけど、
「Secularization(セキュラライゼーション)」というのは「世俗化」という意味ですけども、簡単に言うと神とか仏、すぐそれを持ち出して、自分は神や仏に繋がっているという言い方はやめて、
判断を俗世に、自分たちに戻すという意味での「Secular(セキュラー:俗世の)」世俗化はやむを得ぬね。
これは近現代はそうですけども。
神・仏に頼らず、歴史にも頼らないとしたら、固有名詞を挙げて悪いけども、大阪の【橋下徹】さんみたいでいいんですか?


47 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)11:45:23 ID:1S.xs.L1

>>23-26
元東京大学教養学部教授西部邁は2014年に妻と死別した。
彼はメシの炊き方を全く知らなかった。
コンビニの売れ残り弁当を分けてもらって命をつないでいたが、
世をはかなんで、 2018年(平成30年)1月21日に
入水自*た。79歳であった。
結局、西部邁には高邁な学問でなく、メシの炊き方を教育して
おくべきだった。


50 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)14:27:10 ID:oE.vp.L3

>>1
それ誰かが一度は考えたことがある発想だよね?
何で実現化されなかったかを調べた方が良いんじゃない?


60 ■忍【LV1,スカルゴン,QL】 :21/02/24(水)09:18:10 ID:wU.k8.L1

>>1
それよりも「年収600万円未満はお荷物」発言の方がバカ過ぎて面白かったけどな。
あんなん、「じゃあ年収600万円以上のエリートだけ残った日本はやってけんの?」で終了する話だった。
ひろゆきは所詮表面しか見えていない、頭の良いバカ。


23 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)21:43:43 ID:yD.fo.L1

西部邁
言葉の全体という基準は、必ず過去からやってくるんですよね。
じゃあ3人とも勝手なこと言ってるけど、3人を繋ぐものはね、まぁちょっと時代が違うけどさ、やっぱり「過去」ってものがあってね、何にもないところで、私の勝手、俺の勝手とは違うというね。
なんかみんなして共通に考えるべきものとして、我々の “共通の過去” がね、たとえば日本の歴史でも世界の歴史でもあるじゃないかと。
?
今村有希
はい
?
西部邁
どうしてもそこで『歴史』という問題が出てくるわけさ。


24 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)21:48:24 ID:yD.fo.L1

西部邁
人間は生きている限りですよ、「明日はどうなるだろうか?」「五年後はどうなるだろうか?」人間というのは【未来】という時間を意識して現在を生きる、そして【未来】をどういうふうに予測するか、想像するか、予想
するかとなった時に、自分の「過去」はどうであったか?ということを必ず何事か振り返る。つまり《「過去」振り返り、そして「未来」を見通そうとする【時間意識】の中で、今現在の活動が営まれていればこそ、全て経
済から文化に至るまで、機械ではなく「人間の活動」なんですね。》
そして『国家』をつくっているからには、ほぼ必然的に数百数千年の歴史が、全く逆方向だとは言いませんが、大きな隔たりをもって『国家の歴史』がある以上ですね、【国民の意識】というもの、とりわけ「時間意識」「
歴史意識」というものも、日本人と、アメリカ人と、中国人と『違うハズ』である。そういうものをどこかで【防衛】して、《経済も政治もまた国民のものとなるという、当たり前のこと。》


25 名無しさん@おーぷん :21/02/22(月)21:53:04 ID:yD.fo.L1

西部邁
そうだね。
しかも、この【実学】というね、言葉の意味すらが怪しくなっちゃって。
今ね、実学というと非常に狭い意味なんですよ。これを学んで応用するとね、「どれだけ金が儲かるか」とか、「どれだけ評判が取れるか」みたいなね。
でも、たとえば【福澤諭吉】がね、「実学の祖」と言われることもあると思うのですけど、福澤諭吉が学問を称してなんと言っているかと言うと・・・
『人間交際に役立つもの』
人間交際という言葉を使っていて、これげ言語でというか、彼に対応する英語でなんと言うかといえば、『Society(ソサイエティ)』ね、『社会』ね。
で、社会とは何か?本当に『人間交際』なんです。もっと言うと、【「社交に役立つものが実学だ」】と。
[*「人間交際に役立つものが実学」福澤諭吉]
さて、人間交際、『付き合い』に役立つものって、人間の付き合いって金だけじゃないでしょう?女性にどれだけ理解してもらえるかとか、家庭がどうとかねぇ、友達を作るとか、いろんなことを含めての「社交」で「社会」でしょう。
そういう広い意味があったのに、今では「金の話」「技術の話」が実学とされてしまうとかさ。一つ一つの言葉がね、もうあれなんですよ・・・狂っちゃってるのね。


34 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)03:41:42 ID:SS.8c.L1

あと200年もすればSNSも古文だろ。


41 /)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s :21/02/23(火)07:54:29 ID:G2.gz.L1

>>34
移り変わりの速いネット界隈では、20年もあれば古文の予感。


38 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)07:13:17 ID:4y.8c.L1

「困ったときの役所の使い方」の教科書を
古文と漢文で記して、役所の日本語の申請書類も
古文と漢文の二種類にすればいいんじゃないかな


49 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)13:50:39 ID:ML.xs.L1

>>38
これ、日本語だけに徹底すべき。
子のレス読んだ時、英語もとか思ったけど、むしろ外国語を排除して、外国人ばっかり役所の恩恵を受けることをシャットアウトした方がいいと思った。
日本での諸手続きはすべて、母国の大使館か領事館を通して役所に連絡が来るようにして、外国人が日本の役所に来ないようにした方がよい。


52 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)18:28:16 ID:R9.pn.L1

>>49
>母国の大使館か領事館を通して

妙案だ、それ。いいね。役所の人間が外国人に恫喝されるのを防ぐためにも是非。
歴史的経緯がある永住許可の朝鮮籍は別として、
領事館や大使館の無い国の人間が、外国の日本で福祉を受けようとするのが、そもそも無理筋なんだし。
早速、政府に実行してもらいたい案だ。


42 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)08:00:29 ID:Vk.42.L1

これは一理あると思うなぁ。

古文は最低限、重要なものだけ扱って、後は漢文とともに選択でも良い気がする

それより国語、現代文を強化したほうが良いと思う
読解力、論述力、文章表現力・・・
かなり落ちていると感じる

あとは「役所の使い方」というか、公的制度にはどんなものがあるか、とか
国民健康保険のこととかを教えるべきだと思う


43 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)08:40:00 ID:HE.fp.L6

>>42
消費税導入に伴う、二重課税と言う実態もね


45 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)10:54:51 ID:wV.8c.L9

役所の使い方もいいが、ワシはむしろ、日本の福祉政策と福祉に関する法律、
福祉の使い方について教える方がいいと思う
国は教えようとしないからのう


48 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)13:47:00 ID:ML.xs.L1

>>45
今回のコロナの給付金も、日本人には全く知られていない。
知っていて利用してガバガバ給付金もらっているのは、組織を持っている外国人ばかり。


54 長田蔵六 :21/02/23(火)19:49:01 ID:e2.bw.L1

帝国大学は、今で言う大学院でした。この下の旧制高校(五年間)が、今の学制で大学四年間と同じで。旧制中学三年間が、今の中学・高校三年間と同じでした。
因みに当時は全学童の七十%が小卒で、三十%が中卒。其の3分の2が(全学童の二十%)が、高卒で旧帝大生になりました。この学制では、(教育内容の)質も(学士){大卒者}の量も確保出来ずに。大日本帝国は知的に敗れました。
現在の義務教育の内容を変えるなら、学制の改編が必要で在り。
其れに伴い社会人も再度、専門的な義務教育を受講出来る。環境を整備する事が必要です。


55 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)20:30:16 ID:ch.5q.L16

>>54
>現在の義務教育の内容を変えるなら、学制の改編が必要で在り。

帝国大学の時代とは一般国民の得られる情報の量が違うし、
仕事と日常生活で必要となる知識の質がまったく違っている。
それらは「制度」という枠で解決できるたぐいの問題ではない。
むしろ「制度」の存在が現実の足を引っ張っている。
今、現行の「制度」の枠内現実だけで教育を受けたがっている家庭はよほどの貧困家庭だ。近年は移民・難民の家庭が多い。
日本政府の経済的支援の下でしか教育を受けられない、もはや特殊すぎる層だ。
普通の日本人家庭の子供たちは塾など学校外で教育を受けていて学校の存在は完全に形骸化している。


56 名無しさん@おーぷん :21/02/23(火)20:40:03 ID:ch.5q.L16

>>54
>社会人も再度、専門的な義務教育を受講出来る。環境を整備する事が必要です。

第1次・第2次安倍政権でそれに近い提案をしていた。
結果的には一つとして実現しなかったがな。
実現しなかった(or断念した)大きな理由の一つは
それを実現するには、安倍氏の若い頃での理想である明治政府を否定することになるからだ。
明治維新を否定する発言をすると荒れるからその件は置いておくとしても
「社会人になってからやり直せる体制」は学校と教師にとって脅威になる、という理由も大きい。
「学校がすべての日本人の将来を決定する」という巨大な利権を失うからだ。
これは教師にとっては人権を否定されるに等しいからな。
先日の藤井二冠の高校中退問題を教師連中が強硬に反対・非難した理由もそこにある。


63 長田蔵六 :21/02/25(木)11:01:00 ID:Zg.pd.L1

1994年出版の「知の技法」で既に大学制度改革が語られております。其れに拠ると、日本の大学制度は前期二年間に教養。後期二年間に専門教育をおこなっているので。旧制高校五年間で教養、旧制大学四年間で専門教
育をおこなっていた敗戦前の学制より。中途半端ではないか?との問題提起でした。
だから私は現在でも医学部は六年間なのだから、他の学部も前期教養三年間後期専門三年間の六年間にするべきだと想います。


64 /)・ω・´)キリッ!◆OQUvCf9K4s :21/02/25(木)16:05:55 ID:RR.0y.L1

>>63
そもそも戦前の学制て何度も変えていなかった?
なのに戦後は、6・3・3・4で70年間も変化なしだし。