(出典 gs-files.spaia.jp)



1 砂漠のマスカレード ★ :2021/02/11(木) 15:00:12.48 ID:CAP_USER9.net

 扉を開く鍵はタイミングにあり。中日の沖縄キャンプは第2クールを終え、臨時コーチとして参加している本紙評論家・立浪和義さん(51)の指導も折り返し。伸び悩む根尾昂内野手(20)の現状と課題についてコラムを寄せた。

   ◇   ◇

 第2クールまで根尾を見てきて、バットを振る力はついてきている、と感じる。成長はしているから、一つきっかけをつかめば一気に良くなる可能性はある。

 スイング自体は良くなっているのだが、第2クール最終日に行われた紅白戦ではそれが出せなかった。3打数無安打という結果ではなく、打席の中でうまくタイミングが取れていなかった。

 打者はタイミングが取れなければバットは振れない。どんなに強いスイングも、相手の投球にタイミングを合わせてこそ。根尾に限らず、誰にも言えることである。

 前提として、始動は早い方がいい。遅いより、絶対にいい。ただ早過ぎると、左打者の場合はステップした右足が早く地面に着いてしまい、バットを振る段階で右脚が突っ張ることがある。

 根尾にもその傾向が表れていたので、始動をちょっと遅くしてみたら、という話をした。実際に試した紅白戦前のフリー打撃ではタイミングが合っていた。それがいざ投手を相手に打席に立つと、タイミングがうまく取れなくなった。

 タイミングさえ合えば、というところまでは来ている。ただ、ここが難しい。タイミングというのはあくまで自分の感覚であって、教えられるものではない。もがきながら自分でつかんでいくものなのだ。

 本人も、打席で打ちに行った瞬間に、合っている、合っていない、というのは分かると思う。体の重心の位置、バットを引いたときに背中側に入り過ぎている、入っていない、など感じることがあるだろう。そこを自分で修正し、合わせることができるようにしていかないといけない。根気強くやっていかなければ身につかない技術である。

 このキャンプでは、軸足への体重の乗せ方など、いろいろなことを試してきた。ポイントやヒントはそれとなく伝えてきた。臨時コーチとして教えられる期間は限られているので、これから本人がどう生かしていくか。タイミングが合うときの感覚も、本人が少しずつ感じるようになっていると思う。根気よく続けて自分のものにできれば、打てる確率は上がっていく。

 第3クールからは対外試合が始まる。この時期は、若い選手たちは結果がほしいものだ。ただ監督、コーチたちは、打席の中でしっかりタイミングを取れて振れているかを見ている。たとえ空振りでも、甘いところに来ればバチッと打つのではないか、と思わせるスイングなど、そういった形を求めている。

 失敗を恐れず、結果を気にしすぎないように臨んでもらいたい。試合でもそれぞれのテーマ、これまで取り組んできたことができるように。うまくいかなければまた練習すればいいのだから。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f4cdc339a0a74bcd9f03b454714eb5d2bffdc22b
2/11(木) 10:20配信





31 名無しさん@恐縮です :2021/02/11(木) 23:56:28.09 ID:2LbkcSvX0.net

>>1
「いや…コイツ無理やろ」という立浪の本心が行間からにじみ出てるな あとはタイミングとか根気強く続ければとか


30 名無しさん@恐縮です :2021/02/11(木) 23:52:02.94 ID:v8ZysTqS0.net

ハンカチみたいになりそうw
今年はやりそうやりそうで飼い*れて30歳


45 名無しさん@恐縮です :2021/02/13(土) 16:52:06.44 ID:XovM7O410.net

>>30
ハンカチに失礼5レベルなんじゃないかとw


37 名無しさん@恐縮です :2021/02/13(土) 16:17:08.94 ID:zpMF189u0.net

回数をチェックしているわけではないけれど、毎朝中スポを持ってくる度にまた一面は根尾かよと思う。
ルーキー1位の高橋はともかく昨年1位の石川など他の歴代1位2位などに優先してこの人ばかり肩入れして取り上げまくるのは何故なんだろう?
もういい加減にして、いよいよレギュラーかというところまで成長してからでいいよ。


48 名無しさん@恐縮です :2021/02/14(日) 04:35:14.26 ID:WipPDRm40.net

>>37
根尾にした方が実際売れるらしい。
東海地方は地元贔屓が強い。