応仁の乱において京都に近い西岡の地は東西両軍の攻防戦の舞台となった(西岡の戦い)。 長享元年(1487年)には西岡十一ヵ郷を中心とした西岡の村々が乙訓国一揆(西岡十一ヵ郷国一揆)が発生し、同じ山城国で発生した山城国一揆と並んで室町幕府に動揺を与えた。 ^ 『京都大事典』「西山」項目より。 黒川直則「西岡十一ヵ郷」(『国史大辞典
2キロバイト (369 語) - 2019年10月6日 (日) 14:28



(出典 pbs.twimg.com)



1 風吹けば名無し :2020/06/28(日) 01:16:11 ID:d4FiQW740.net

久しぶりに見たらハゲてた
https://www.instagram.com/p/CB6vGNMB9Vl/





2 風吹けば名無し :2020/06/28(日) 01:16:45 ID:d4FiQW740.net


(出典 i.imgur.com)


3 風吹けば名無し :2020/06/28(日) 01:17:11 ID:d4FiQW740.net


(出典 i.imgur.com)


4 風吹けば名無し :2020/06/28(日) 01:19:10 ID:4rvLWoHVd.net

めっちょハゲたな


6 風吹けば名無し :2020/06/28(日) 01:19:28 ID:sHySbK0R0.net

あっ…