(出典 www.j-cast.com)



1 かわる ★ :2021/11/27(土) 15:45:44.94

コロナウイルス症候群は、世界保健機構がCOVID-19と名付けた単なるウイルスではない。 実際には、医学界の権威が認識しているよりもはるかに複雑な病原微生物と疾病プロセスなのである。

5Gの集中展開とコロナウイルス症候群の発生には、直接的な相関関係があります。稼働している5Gシステムに関連する強力なエネルギーが、人間の免疫システムを弱めることは、すべての科学が証明しています。 したがって、「5Gデモンストレーションゾーン」に住む人々は、必然的に日和見性が高く病原性の高いCOVID-19に対してより脆弱になります。

医学研究者の中には、5GがCOVID-19を誘発し、その結果、患者ごとに症状が異なる独自の疾患プロセスが進行すると発表している人もいます。 変異する能力があると考えられているため、適切な診断や効果的な治療が受けられなくなります。 患者が5G環境にさらされている時間が長ければ長いほど、症状は重くなります。

患者が「モノのインターネット(IoT)」にさらされていればいるほど、患者の免疫システムにとってはさらに大きな課題となります。 武漢での感染発生後、すぐに多くのクルーズ船が「浮動病院」となったのはこのためだ(武漢の患者やキャリアが感染した船に乗り込むには時間が足りなかった)。 隔離された船では5Gが完全に稼働していただけでなく、クルーズ会社は若い乗客には海上IoTを宣伝し、一方で年配の乗客の多くは免疫抑制や健康状態の悪化に苦しんでいた。 予想通り、高齢者のCOVID-19感染率は非常に高かった。その後、最初のCOVID-19感染者が報告されたとき、クルーズ船での長期にわたる検疫期間は、近い場所でコロナウイルスをさらに拡散させることになった。

5Gはコロナウイルス症候群の発症のきっかけとなるだけでなく、変異・変質させ、これは、エプスタイン・バー・ウイルスが数十年の潜伏期間を経て、ステージ1、2、3を経て、最終的にEBVステージ4に進化するのとよく似ている。

COVID-19の高い再感染率は、5G環境がキャリアと患者のどちらにも影響を与えることを示していることは間違いありません。したがって、最良の防御策は、感染を避けることです。

ケムトレイル

ケムトレイルの散布作業は大幅に強化されてきました。自閉症スペクトラム、注意欠陥多動性障害、認知症、アルツハイマー病、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、多発性硬化症、脳性麻痺、筋ジストロフィー、てんかん、ギランバレー症候群、ベル麻痺などの神経疾患が急増していることは、神経毒として証明されている空気中のアルミニウムがかつてないほど大量に飛来していることなど、大きな環境要因があることを証明しています。

ケムトレイルから放出された成分は、効率的な5Gパラダイムの実行にはるかに有利な対流圏の条件を捏造するためのジオエンジニアリング計画の不可欠な部分であることが疑われている。 これらの重金属やその他の化学化合物は、5Gパワーグリッドを構成するのに必要な周波数とエネルギーの良い伝導体であるため、特に選ばれました。

スーパーワクチン接種アジェンダ

COVID-19はコロナウイルス症候群の主要な病原微生物ですが、COVID-5G-超毒性症候群の構成要素の一つに過ぎないことを理解する必要があります。

世界中で実施されているワクチンプログラムが、コロナウイルス症候群の主な原因である可能性があります。 ワクチンは、免疫力を低下させ、多くの悪影響を及ぼすことから、ワクチン接種計画は、コロナウイルスのパンデミックをバイオエンジニアリングする計画の主要な柱の一つであることは間違いありません。 COVID-19の直接的な相関関係について、資金提供を受けない科学的な調査研究を行えば、必ずや問題の真相が明らかになる。
http://takahata521.livedoor.blog/archives/11615932.html

ワクチンbluetooth接続の噂 半径100mの範囲内に電子機器、人、自動車がない環境でドローンを使って検証★4 [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1633140278/
【科学】種子に着想を得た、風に乗って飛ぶ小さな飛行体 マクロ、メソ、マイクロスケールの環境測定用無線デバイスを風で散布 [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632648096/
【科学】空飛ぶマイクロチップが開発される 住民の監視、病気の追跡などに利用される [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1632649397/

【新コロ】タマホーム社長(42)「世の中がなんと言おうとも、ワクチン接種に反対です!5年後に死にます。5Gが感染を引き寄せる」 ★3 [かわる★]
https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1626785959/





17 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:49:01.88

>>1
陰謀論系反ワクの頭おかしい個人ブログソースは流石にスレ立て人がやばすぎるわ


19 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:49:24.03

>>1
>1 名前:かわる

さすがに、これはアウトだぞバカヤロ……


26 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:50:54.81

既に有名だろ
全ワクチンに入ってる酸化グラフェンが5G に反応するんだよ
3か月で肺に貯まりだし、パルスに反応して悪化する


43 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:54:39.96

>>26
1.現在販売され、使用されているマスクには酸化グラフェンが含まれている
2.PCR検査、抗原検査に使用されている綿棒にも酸化グラフェンナノ粒子が含まれている
3.新型コロナワクチンの全てに酸化グラフェンナノ粒子が大量に含まれている
4.酸化グラフェンには毒性があり、血栓や血液凝固の原因となる
5.酸化グラフェンは免疫システムを破壊し、サイトカインストームを引き起こす
6.肺に蓄積された酸化グラフェンは肺胞管に均一にバラ撒かれることで両側性肺炎を引き起こす
7.酸化グラフェンは金属の味がする
8.酸化グラフェンを吸い込むと、粘膜に炎症を起こして味覚や嗅覚が失われる
9.酸化グラフェンは体内で体温と同じ温度になると磁石特性を獲得するため、ワクチンを冷凍保存する必要がある
10.酸化グラフェンが新型コロナウィルス(COVID-19)と呼ばれているものの正体である
11.これまで新型コロナウイルスは一度も分離・精製されたことはない
12.酸化グラフェンは化学的毒性物質であり、生物学的物質ではない
13.年に数回もワクチン接種させる目的は、このグラフェンを体内に留めておくため
14.全世界の人口爆発を懸念する、各国政府が共謀し人道に反する罪を*ている
15.これは国家によるバイオテロ攻撃である
つまり、COVID-19(新型コロナウイルス)という病気は、酸化グラフェンを様々な経路で体内に取り込んだ結果なのである。


39 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:53:41.10

IT強国の韓国はどんなだ?w


48 ニューノーマルの名無しさん :2021/11/27(土) 15:55:33.12

>>39
確かに韓国は感染が止まらないな